コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鏡検分析 きょうけんぶんせきmicroscopic analysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鏡検分析
きょうけんぶんせき
microscopic analysis

低倍率 (150~500倍) の顕微鏡か,できれば偏光顕微鏡を用いて行う微量分析法。おもに予備的確認に用いられる。載物ガラス上で検液と試薬による種々の特性反応を行わせ,生成物の結晶を析出させて,顕微鏡下でその晶癖,消光角などを観測し,試料成分を同定する。載物ガラス上で試薬をしみこませた絹糸イオン交換体などと反応させて,変色を観察する方法も行われている。 20~40倍のルーペを用いてもある程度目的を達することができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうけんぶんせき【鏡検分析 microscopic analysis】

検鏡分析ともいう。湿式の微量定性分析法の一種。無機質陽イオンと一部の無機質陰イオンの検出を行う方法であり,その操作を顕微鏡用のスライドガラス上で行い,反応生成物を偏光顕微鏡下に観察してその結晶光学的性質を調べるものである。顕微鏡下で反応を確認する方法のためmicrochemistryの名がつけられた。最初は食品などに含まれる毒物の検出に使用された方法であり,1867年にウォームリーT.G.Wormlyにより発表され,岩石,鉱物の研究には1880年ころボリキーE.Borickyにより導入され,特に不透明鉱物の研究に有効な手法とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鏡検分析
きょうけんぶんせき
microscopic analysis

顕微鏡下で化学反応を行わせたり、物理的性質を観察することによって行う分析法の総称。顕微鏡分析ともいう。分析化学的には、微量試料の定性分析法として利用されている。反応は、沈殿生成、呈色、気体発生、溶解、融解などのあらゆる反応が利用される。倍率100倍程度までの普通の顕微鏡がよく用いられるが、偏光顕微鏡を用いれば、結晶の色や結晶形以外の光学的性質も同時に知りうるなどの便が多い。[高田健夫]
『滝山一善著『機器分析実技シリーズ 電子顕微鏡分析法』(1985・共立出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鏡検分析の関連キーワード検鏡分析化学分析

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android