鏡物(読み)かがみもの

大辞林 第三版の解説

かがみもの【鏡物】

〔「鏡」は歴史の意〕
和文の歴史物語の中で、「鏡」の字のつく「大鏡」「今鏡」「水鏡」「増鏡」などをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鏡物
かがみもの

歴史物語のなかで、『大鏡(おおかがみ)』の創始した問答、座談形式の歴史叙述を用いたもの。『大鏡』『水鏡』『増鏡(ますかがみ)』を三鏡(さんきょう)とよび、これに『今鏡』を加えて四鏡(しきょう)ともいう。『秋津島(あきつしま)物語』『月の行方(ゆくえ)』『池の藻屑(もくず)』などは体裁だけ模倣した擬古的な作品である。これらの作品では、まず序文で語り手と聞き手を設定し、それらの人々の問答、座談によって物語が展開し、作者はかたわらでそれを観察しながら筆録する体裁になっている。とくに『大鏡』は、この問答、座談形式が首尾一貫し、歴史の表裏明暗を多角的にとらえて、歴史の真実を照らし出すのに効果をあげているが、『今鏡』『水鏡』は形式的で、問答、座談形式の機能が十分に生かされず、『増鏡』は形式的にも不完全である。
 なお、作品名に共通の「鏡」の語は、『今鏡』では亀鏡(きけい)の意で、歴史を鑑戒(かんかい)の資となす考えがうかがえるが、それ以外の作品では、真正なものを映し出す明鏡の意である。[竹鼻 績]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かがみ‐もの【鏡物】

〘名〙 「鏡」の字が作品名の下につく歴史物語の総称。「大鏡」「今鏡」「水鏡」「増鏡」など。鏡。鏡類。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の鏡物の言及

【大鏡】より

…平安朝後期成立の歴史物語。文徳天皇の代から後一条天皇の代まで(850‐1025)のことを,かなぶみで書いており,いわゆる鏡物(かがみもの)の第1作。作者不詳。…

※「鏡物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android