コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 のみ

7件 の用語解説(鑿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


のみ

木材,石材に穴をあけたり,溝を掘ったりするための工具。形体から,平鑿,丸鑿,角鑿に大別されるが,刃先の幅,長さ,刃形など,用途によって多種多様である。使用法からも,手鑿,たたき鑿,突き鑿などといわれるが,機械による使用に移行しつつある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さく【鑿】[漢字項目]

[音]サク(漢) [訓]うがつ のみ
穴を掘る。うがつ。「鑿岩開鑿掘鑿穿鑿(せんさく)
のみ。「斧鑿(ふさく)

のみ【×鑿】

木材・石材・金属などに穴をあけたり、溝を刻んだりするのに用いる工具。柄の先に刃がつき、柄頭を槌(つち)でたたくか、手で突くかして削る。刃先の形により、平のみ・丸のみ・壺のみなどがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鑿【のみ】

木材等に穴をあけたり小部分を削り取ったりする手工具。木工用は,柄の端をたたいて使う穴あけ用の叩(たたき)鑿と手で押して使う表面を削るための突鑿に大別。金工・石工用には(たがね)が使用される。
→関連項目木工具

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

防府市歴史用語集の解説

 木や石を加工する道具です。柄[つか]の先をハンマーでたたいて、素材をけずります。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

のみ【鑿】

木材や石材に穴をあけたり溝を掘ったりするのに用いる工具。柄を槌つちで打ったり手で押したりして使う。
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

のみ【鑿】

木材や石材などに穴を開けたり、溝を削り出したりする、柄の先に刃のついた工具。柄じりの部分をつちでたたいて使うものと、手で押して使うものがある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鑿の関連キーワード掘削穴蜂開閉風穴を開ける穿孔機穿窬目打ち穴をあける太枘ベガーズルック

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鑿の関連情報