コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カン

デジタル大辞泉の解説

かん〔クワン〕【×鐶】

机・たんすなどの引き出しにつける金属製の取っ手。
切れ目の入った鉄の輪で、茶釜の両耳に差し入れて釜の上げ下ろしに用いるもの。
紋所の名。1の形を図案化したもの。鐶桐(かんぎり)・鐶雀(かんすずめ)・四つ鐶菱(かんびし)などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

鐶の関連キーワード兵具鎖・兵具鋂木瓜(もこう)茶道/茶事用語笠標付けの鐶上げ下ろし鐶付・釻付観世音菩薩歌舞伎模様大西浄清繰締の緒与次郎釜関山慧玄倶梨迦羅コース巻手取り釜繰締の鐶笠標の鐶引き出し切れ目たんす

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android