(読み)りん

精選版 日本国語大辞典「輪」の解説

りん【輪】

[1] 〘名〙
① 車のわ。車輪(しゃりん)
② 車輪の形をしている物。まるい物。輪状の物。わ。
※名語記(1275)三「りむは輪也、〈略〉日輪・月輪・車輪等これ也」
③ 一つの花の花びらの全体。また、大きく花が咲いている様子。また、その花。
※四季物語(14C中頃か)五月「からうして花のりん三つ四つ奉りすて行ぬ」
④ (「輪」は、かわるがわるの意) 「りん(輪)の手」の略。
⑤ (「輪」は、外のまわりの意) 衣服の襟(えり)・袖(そで)・裾(すそ)などに別の布でへりをとったもの。袖べり、そぎえり、半襟(はんえり)、覆輪(ふくりん)など。
※平家(13C前)四「八尺ばかりありけるくちなはが、おとどのさしぬきの左のりんをはひまはりけるを」
⑥ 仏具の一つ。輪宝のこと。伝法灌頂には受者が両足の間にはさむ。
※参天台五台山記(1072‐73)四「羯磨四枚・輪一枚・橛八枚」
⑦ 仏教で、法を広めることを車輪が回ることにたとえたもの。法輪。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)三「もろもろの菩薩おほく、みなことごとく利根にして、不退の輪(リン)(〈注〉ノリ)を転せん」
[2] 〘接尾〙
① 咲いている花冠・花の数をかぞえるのに用いる。
※宗長手記(1522‐27)下「冬の梅は、一りん二りんかすかに咲て匂ふこそ、あはれふかからめ」
② 車に付いている車輪の数をかぞえるのに用いる。「一輪車」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「輪」の解説

わ【輪/環】

曲げて円形にしたもの。また、円い輪郭。かん。「鳥が—を描いて飛ぶ」「指—」「花—」
軸について回転し、車を進めるための円形の具。車輪。「荷車の—が外れる」
おけなどのたが。「桶の—がゆるむ」
人のつながりを1に見立てていう語。「友情の—を広げる」
紋所の名。円形を図案化したもの。
[下接語]浮き輪渦輪内輪腕輪襟輪おも貝輪かなから口輪首輪くる輪・ゴム輪しず外輪台輪知恵の輪ちく稚児ちごの輪月の輪り輪つる泣き輪のど花輪鼻輪はに吹き輪前輪三つ輪耳輪指輪両輪
[類語]リング輪っぱ輪っか

りん【輪】[漢字項目]

[音]リン(呉)(漢) [訓]
学習漢字]4年
〈リン〉
車のわ。また、自転車や自動車のこと。「輪禍銀輪競輪けいりん後輪車輪前輪動輪両輪三輪車
車のわのように円形のもの。「輪舞火輪月輪光輪大輪日輪年輪半輪外輪山五輪旗
まわり。「輪郭覆輪
順番が回ってくる。「輪読輪廻りんね輪番
仏教で、大地をささえているわ。「金輪際こんりんざい
仏教で、五大(地水火風空)のこと。「五輪塔
〈わ〉「面輪おもわ金輪かなわ首輪喉輪のどわ花輪指輪

りん【輪】

[名]
大きく円形に開いた花冠。
「あれだけ—の大いのは世間に珍しい」〈鉄腸・花間鶯〉
覆輪ふくりん」の略。
[接尾]助数詞
咲いている花を数えるのに用いる。「一の菊」
車輪を数えるのに用いる。「二車」「四馬車

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【襟∥衿】より

…首飾品を元来用いなかった中国漢民族社会に襟の文化が発達したが,それは日本の服装にも大きな影響を与えている。【杉本 正年】 日本でも埴輪や高松塚の壁画に見られるように,古くは左衽の衣服であったが,中国の影響を受けて奈良時代の大宝令(701)では男は盤領,女は垂領,いずれも右衽にせよと明示された(服制)。これは平安時代以降の公家装束にも引き継がれる。…

【車】より

…この言葉は2通りの意味で使われる。一つは車輪wheelの意味,もう一つは車輪で動く乗物一般,つまり車両vehicleの意味である。
【車輪の歴史】
 車輪は回転運動装置のうちでは最も代表的なもので,その発達はろくろ旋盤ドリル水車風車などの歴史と密接なかかわりをもっていたと思われる。…

※「輪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android