コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長倉三郎 ながくらさぶろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長倉三郎
ながくらさぶろう

[生]1920.10.3. 静岡,沼津
物理化学者。 1943年東京帝国大学理学部卒業。 53年理学博士,49年東京大学放射線化学研究所助教授,59年同大物性研究所教授となり,81年分子化学研究所長。 85年から岡崎国立共同研究機構長,88年総合研究大学院大学長をつとめた。長年にわたり広範な分子科学の諸分野においてすぐれた業績をあげ,特に分子軌道法を用いた分子の電子状態と反応性に関する研究で高い評価を得ている。 71年「分子化合物の電子論研究」により朝日賞,85年文化功労者,90年文化勲章受章

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長倉三郎 ながくら-さぶろう

1920- 昭和後期-平成時代の物理化学者。
大正9年10月3日生まれ。昭和34年東大教授となる。60年岡崎国立共同研究機構長,63年総合研究大学院大学長。分子軌道論によって分子の電子状態と反応性を研究し,分子内,分子間の電荷移動理論を確立した。53年学士院賞。平成2年文化勲章。13年学士院院長。静岡県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長倉三郎
ながくらさぶろう
(1920― )

物理化学者。静岡県生まれ。1943年(昭和18)東京帝国大学理学部化学科を卒業し、同助教授を経て、1959年同物性研究所教授となる。1961年理化学研究所主任研究員、1981年定年退官後に分子科学研究所長と国際純正・応用化学連合(IUPAC:International Union of Pure and Applied Chemistry)会長を務める。東京大学名誉教授。1986年岡崎国立共同研究機構長、1988年総合研究大学院大学長となる。分子科学の分野で電荷移動理論を提唱し、分子科学研究の先駆的な業績をあげた。1978年「短寿命励起分子及び反応中間体の電子構造と反応性の研究」で日本学士院賞を受賞。1990年(平成2)文化勲章を受章。著書に『有機電子理論』、共著に『量子化学』などがある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

長倉三郎の関連キーワード光化学反応化学反応

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長倉三郎の関連情報