コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長倉三郎 ながくらさぶろう

3件 の用語解説(長倉三郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長倉三郎
ながくらさぶろう

[生]1920.10.3. 静岡,沼津
物理化学者。 1943年東京帝国大学理学部卒業。 53年理学博士,49年東京大学放射線化学研究所助教授,59年同大物性研究所教授となり,81年分子化学研究所長。 85年から岡崎国立共同研究機構長,88年総合研究大学院大学長をつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長倉三郎 ながくら-さぶろう

1920- 昭和後期-平成時代の物理化学者。
大正9年10月3日生まれ。昭和34年東大教授となる。60年岡崎国立共同研究機構長,63年総合研究大学院大学長。分子軌道論によって分子の電子状態と反応性を研究し,分子内,分子間の電荷移動理論を確立した。53年学士院賞。平成2年文化勲章。13年学士院院長。静岡県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長倉三郎
ながくらさぶろう
(1920― )

物理化学者。静岡県生まれ。1943年(昭和18)東京帝国大学理学部化学科を卒業し、同助教授を経て、1959年同物性研究所教授となる。1961年理化学研究所主任研究員、1981年定年退官後に分子科学研究所長と国際純正および応用化学連合(IUPAC:International Union of Pure and Applied Chemistry)会長を務める。東京大学名誉教授。1986年岡崎国立共同研究機構長、1988年総合研究大学院大学長となる。分子科学の分野で電荷移動理論を提唱し、分子科学研究の先駆的な業績をあげた。1978年「短寿命励起分子及び反応中間体の電子構造と反応性の研究」で日本学士院賞を受賞。1990年(平成2)文化勲章を受章。著書に『有機電子理論』、共著に『量子化学』などがある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長倉三郎の関連キーワード伊藤公一岩村秀小川智也木下実久保昌二霜田光一菅宏田中郁三近角聡信槌田敦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長倉三郎の関連情報