コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長期優良住宅 チョウキユウリョウジュウタク

3件 の用語解説(長期優良住宅の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょうき‐ゆうりょうじゅうたく〔チヤウキイウリヤウヂユウタク〕【長期優良住宅】

耐久・耐震・省エネ性に優れ、数世代にわたって暮らせる住宅。配管等の維持管理や間取りの変更などが容易にできるよう一定の措置が講じられたもの。長期優良住宅促進法の認定基準を満たす住宅を取得した場合、住宅ローン減税の拡充・登録免許税の税率引き下げ・不動産取得税の控除額拡充・固定資産税減額期間の延長などの減税措置を受けることができる。→二百年住宅

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ちょうきゆうりょうじゅうたく【長期優良住宅】

2009(平成21)年施行の「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」の認定基準を満たした住宅。耐久性・耐震性・省エネ性・可変性にすぐれ、数世代にわたって住み継がれるものを目指す。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長期優良住宅
ちょうきゆうりょうじゅうたく

長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた住宅。2009年(平成21)施行の「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」(平成20年法律第87号)を根拠法とする。環境負荷の低減と生活基盤となる良質な住宅ストックの形成を目的とする。新築住宅について、構造躯体(くたい)の劣化対策、耐震性、可変性、維持管理・更新の容易性、高齢者等対策、省エネルギー対策などの構造・設備条件と、住宅規模、景観・住環境への配慮、維持保全計画の策定、について国が定めた基準を満たしたうえで、建築主が所管行政庁に申請して長期優良住宅の認定を受ける。認定を受けると税の優遇や住宅金融支援機構の融資制度においてローン金利の優遇を受けることができる。社会背景として省資源、省エネルギーや高齢化社会がある。[多治見左近]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長期優良住宅の関連キーワード省エネルギー住宅省エネラベル省エネルギー法統一省エネラベル二百年住宅耐震管e-coolシステム省エネルギー月間nocria次世代省エネルギー基準

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長期優良住宅の関連情報