長湯温泉(読み)ながゆおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長湯温泉
ながゆおんせん

大分県南西部,竹田市の北東部,九重火山群 (→九重山 ) 東麓にある温泉。泉質は重炭酸土類泉。泉温は 44℃。胃腸病,高血圧心臓病に効果があるといわれる。芹川に沿う標高 450mの高原上にあって保養によく,久住山大船山などへの登山基地でもある。付近に丸山公園,長湯キャンプ場がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長湯温泉
ながゆおんせん

大分県南西部、竹田(たけた)市直入町(なおいりまち)長湯にある温泉。標高450メートル。大分川の支流、芹(せり)川の渓流中に湧(わ)く。源泉数29(自噴、うち利用18)、湧出(ゆうしゅつ)量は毎秒2747リットル、泉質は炭酸水素塩泉。国民保養温泉地。JR豊肥本線豊後竹田(ぶんごたけた)駅、JR久大(きゅうだい)本線小野屋(おのや)駅から各25キロメートル。[兼子俊一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長湯温泉の関連情報