芹川(読み)セリカワ

精選版 日本国語大辞典の解説

せり‐かわ ‥かは【芹川】

[一] 京都市伏見区を流れる小川。竹田に発し、下鳥羽、横大路を南流する灌漑用水路(洛南三号水路)となっている。また、その川に沿った下鳥羽の地名。旧紀伊郡芹川村。今の下鳥羽芹川町のあたり。
※続日本後紀‐承和一一年(844)一〇月丁酉「行幸水沼野及芹河。山城国司献御贄
[二] 京都市右京区嵯峨を流れる小川の古名。小倉山北側の山地に発し、天龍寺の東を南流して桂川に注ぐ。現在は瀬戸川と呼ぶ。
※月清集(1204頃)百首「せりかはのなみもむかしにたちかへりみゆきたえせぬさがのやまかぜ」
[三] 滋賀県多賀町、彦根市を貫流する川。霊仙山の南側のふもとに発し、彦根市で琵琶湖に注ぐ。大堀川。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報