コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九重山 くじゅうさん

5件 の用語解説(九重山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九重山
くじゅうさん

大分県熊本県境付近に噴出した火山群の総称。主峰の久住山 (1787m) を中心に,東の黒岳 (1587m) ,大船山 (1786m) ,三俣山 (1745m) から北西部の湧蓋山 (1500m) に連なる山群。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くじゅう‐さん〔クヂユウ‐〕【九重山】

大分県中西部にある火山群。主峰は久住(くじゅう)山阿蘇(あそ)くじゅう国立公園の一部で、山麓(さんろく)に飯田(はんだ)高原・久住高原があり、コケモモミヤマキリシマの群落は天然記念物。黒岳の原生林には男池(おいけ)湧水群がある。九重連山

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

くじゅうさん【九重山】

大分県西部にある火山群。峰を境に北側が九重(ここのえ)町,南側が久住(くじゆう)町に含まれ,南西山麓は熊本県に属する。西部は久住山(1787m)を中心として,最高峰である中岳(1791m),稲星山(1774m),三俣山(1745m),また東部は大船(たいせん)山(1787m)を中心として平治岳(1643m),黒岳(1587m)などの火山が群立し,これらの山間盆地としてミヤマキリシマで有名な坊ヶツルがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くじゅうさん【九重山】

大分県西部にある火山群。主峰は久住山くじゆうさん、海抜1787メートル。最高峰は中岳(1791メートル)。南麓なんろくは久住高原。九重連山。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

九重山
くじゅうさん

大分県西部で、阿蘇(あそ)カルデラの北東方にあり、白山火山帯に属する安山岩質の第四紀火山群。九重連山ともよぶ。中岳(1791メートル)、久住(くじゅう)山(1787メートル)、星生(ほっしょう)山(1762メートル)、三俣(みまた)山(1745メートル)などからなる久住火山群、大船(たいせん)山(1786メートル)、黒岳(1587メートル)などの大船火山群、黒岩(くろいわ)山(1503メートル)、猟師(りょうし)山(1423メートル)、泉水(せんすい)山(1296メートル)などの黒岩火山群に分かれる。これらは溶岩円頂丘であるが、大船山上部には成層火山がのる。星生山の北東側山腹、大船山の南東側山麓(さんろく)には硫気孔があり、とくに前者では硫気活動激化ないし水蒸気爆発を2回記録した。温泉も多く、大岳(おおたけ)(出力1.1万キロワット)、八丁原(はっちょうばる)(5万キロワット)の両地熱発電所もある。久住山を中心に三俣山など1500メートル以上の地域に分布するコケモモの群落、大船山を中心に900メートル以上の地域に分布し6月の開花期に美観を呈するミヤマキリシマの群落は、ともに国指定天然記念物。北麓の飯田(はんだ)高原や南麓の久住高原とともに阿蘇くじゅう国立公園域の一部。法華院(ほっけいん)、長者原(ちょうじゃばる)、筋湯(すじゆ)などの温泉群が登山基地。久住、大船両火山群と黒岩火山群との間をやまなみハイウェイが走る。
 九重山はこれら火山群の総称であるが、かつて玖珠(くす)郡側の天領と竹田(たけた)市都野(みやこの)地区の竹田藩領では久住山を九重山と書き、現在も九重(ここのえ)町側では九重山を主張して譲らず、観光宣伝では「くじう」を用いている。[兼子俊一・諏訪 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

九重山の関連キーワード大船山富士火山帯火山群大分県大分市賀来大分県玖珠郡大分県大分市国分大分県大分市里大分県大分市津守大分県大分市元町大分県大分市横尾

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

九重山の関連情報