コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長閑けし ノドケシ

デジタル大辞泉の解説

のど‐け・し【長閑けし】

[形ク]
落ち着いてのんびりしている。のんきでゆったりしている。
「世の中にたえて桜のなかりせば春の心は―・からまし」〈古今・春上〉
天候が穏やかである。のどかで、うららかである。 春》
「かきたれて―・き頃の春雨にふるさと人をいかにしのぶや」〈・真木柱〉
たいくつなほど暇である。
「つくづくと一年を暮らすほどだにも、こよなう―・しや」〈徒然・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のどけし【長閑けし】

( 形ク )
のどかである。穏やかである。 [季] 春。 「世の中にたえてさくらのなかりせば春の心は-・からまし/古今 春上
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

長閑けしの関連キーワード何かせんしのぶ一年

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android