コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開元占経 かいげんせんきょう Kai-yuan zhan-jing; K`ai-yüan chan-ching

2件 の用語解説(開元占経の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開元占経
かいげんせんきょう
Kai-yuan zhan-jing; K`ai-yüan chan-ching

中国,古代の天文や前兆,占いのことを記した書。唐代,天竺暦法を司った瞿曇悉達 (くどんしったつ。インド名ゴータマ・シッダールタ) らの撰,120巻。開元年間 (713~742) に成る。多数の緯書 (いしょ) や失われた古代の書物『石氏星經』暦書などを引用するので重視される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

開元占経
かいげんせんきょう

中国唐代の天文、占星術などに関する書。718~726年(開元6~14)に中国在住のインド人天文学者瞿曇悉達(くどんしった)らが撰(せん)した。全120巻。正式には『大唐開元占経』という。いったん失われたが、明(みん)代に古仏の腹中から発見され、今日まで内容が伝えられた。巻1、2は宇宙構造論など、巻3~102は天文・気象・地質学的な現象や生物のようすなどによる古今の占法が集められている。ほとんどが今日では失われてしまった緯書、占星術書、天文学書などからの引用であり、それらの書の内容を知る資料として重要である。巻60~63に収載されている115個の恒星の座標は前70年ごろの観測に基づくと推定される。巻103~110には中国の古今の暦法が記され、とくにインドの天文学書の翻訳である九執暦(きゅうしつれき)が収録されているのも貴重である。末尾10巻(動植物や人の奇異な現象などについて記す)は後世に付加されたと考えられる。[宮島一彦]
『藪内清著『隋唐暦法史の研究』増訂版(1989・臨川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

開元占経の関連キーワード鹿占卜筮占い師古記神典日本紀三尺法大友高聡ブリハット・サンヒター

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone