コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開元天宝遺事 かいげんてんぽういじ Kai-yuan Tian-bao yi-shi; K`ai-yüan T`ien-pao i-shih

2件 の用語解説(開元天宝遺事の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開元天宝遺事
かいげんてんぽういじ
Kai-yuan Tian-bao yi-shi; K`ai-yüan T`ien-pao i-shih

盛唐の栄華を伝える遺聞を集めた中国の書。五代翰林学士などを歴任した王仁裕 (880~956) 撰。後唐の荘宗のとき,彼は秦州節度判官となり,長安にあって民間の故事を採集し,159条を得て本書にまとめたという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

開元天宝遺事
かいげんてんぽういじ

中国、盛唐の栄華を物語る遺聞を集めた書。五代の翰林(かんりん)学士などを歴任した王仁裕(じんゆう)(880―956)が、後唐(こうとう)の荘宗のとき、秦(しん)州節度判官となり、長安に至って民間に伝わる話を捜集し、159条を得て本書にまとめたという。ただし南宋(なんそう)の洪邁(こうまい)(1123―1202)は本書を王仁裕の名に仮託したものと述べている。玄宗、楊貴妃(ようきひ)の逸話をはじめ、盛唐時代への憧憬(しょうけい)が生んだ風聞、説話として味わうべき記事が多い。[池田 温]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

開元天宝遺事の関連キーワード広弘明集尸子遺聞歌集亢竜張萱南柯の夢稗官蘭亭類林

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone