コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開元天宝遺事 かいげんてんぽういじKai-yuan Tian-bao yi-shi; K`ai-yüan T`ien-pao i-shih

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開元天宝遺事
かいげんてんぽういじ
Kai-yuan Tian-bao yi-shi; K`ai-yüan T`ien-pao i-shih

盛唐の栄華を伝える遺聞を集めた中国の書。五代翰林学士などを歴任した王仁裕 (880~956) 撰。後唐の荘宗のとき,彼は秦州節度判官となり,長安にあって民間の故事を採集し,159条を得て本書にまとめたという。ただし南宋の洪邁は本書を王仁裕の名に仮託したものと述べている。『顧氏文房小説』所収2巻本のほか,数種の叢書に収められ,寛永 16 (1639) 年の和刻本もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

開元天宝遺事
かいげんてんぽういじ

中国、盛唐の栄華を物語る遺聞を集めた書。五代の翰林(かんりん)学士などを歴任した王仁裕(じんゆう)(880―956)が、後唐(こうとう)の荘宗のとき、秦(しん)州節度判官となり、長安に至って民間に伝わる話を捜集し、159条を得て本書にまとめたという。ただし南宋(なんそう)の洪邁(こうまい)(1123―1202)は本書を王仁裕の名に仮託したものと述べている。玄宗、楊貴妃(ようきひ)の逸話をはじめ、盛唐時代への憧憬(しょうけい)が生んだ風聞、説話として味わうべき記事が多い。[池田 温]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

開元天宝遺事の関連キーワード金衣公子解語の花肉障池田

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android