コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開発経済学 かいはつけいざいがく Development economics

2件 の用語解説(開発経済学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開発経済学
かいはつけいざいがく
Development economics

発展途上国の経済の現状,今後の開発のあり方を考える経済学の一分野。経済発展論呼ばれることが多い。第2次世界大戦後急速に発達した。かつては H.シンガー,R.プレビッシュらが途上国と先進国との違いを強調し,自由貿易は途上国にとっては不利であるという立場をとり,政策的には輸入代替政策を提言する保護主義的なものであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

開発経済学【かいはつけいざいがく】

発展途上国経済発展を対象とする経済学の一分野。第2次大戦後における先進国と途上国との間の経済的格差の拡大傾向,いわゆる南北問題の深刻化を受けて,いかにして途上国の開発を促し格差を是正するかという問題意識から生まれ発展してきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

開発経済学の関連キーワード開発途上国開発輸入後発発展途上国国際農業開発基金MDCWIDER後発開発途上国(LDC)世界銀行・IMF合同開発委員会遺伝資源へのアクセスと利益配分特恵関税制度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

開発経済学の関連情報