コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

触れる フレル

2件 の用語解説(触れるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふ・れる【触れる】

[動ラ下一][文]ふ・る[ラ下二]

㋐ある物が他の物に、瞬間的に、または軽くくっつく。ちょっとさわる。「肩に―・れる」「機雷に―・れる」「外の空気に―・れる」
㋑脈が反応する。脈拍を指先に感じる。「脈が―・れなくなる」
㋒(「耳(目)にふれる」の形で)ちょっと耳にしたり見たりする。「人の目に―・れる」「耳に―・れるうわさの数々」
㋓あることを話題にする。言及する。「食料問題に―・れる」「核心に―・れる」
㋔ある時期や物事に出あう。「折に―・れて訪れる」「事に―・れてからかわれる」
㋕規則・法律などに反する。抵触する。「学則に―・れる」「法に―・れる」
㋖怒りなどの感情を身に受ける。「勘気に―・れる」「怒りに―・れる」
㋗感動・感銘を受ける。「心の琴線に―・れる」「心に―・れる話」

㋐物に軽くくっつくようにする。「髪の毛に手を―・れる」「花に手を―・れる」
㋑広く人々に知らせる。「隣近所に―・れて回る」
食べ物にちょっと手を付ける。
「朝餉(あさがれひ)のけしきばかり―・れさせ給ひて」〈・桐壺〉
触(さわ)る[用法]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふれる【触れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 ふ・る
(自動詞)
物と物とが軽く接する。接触する。液体や気体についてもいう。 「電線が木の枝に-・れる」 「空気に-・れると酸化する」 「偶然手が-・れる」
機会・物事に出合う。また、直接体験する。 「西欧の文物にじかに-・れる」
目・耳などで知覚される。 「目に-・れる」 「耳目に-・れる」
法・掟などに反する行為をする。抵触する。 「法に-・れる」 「勘気に-・れる」
言及する。問題として取り上げる。 「その問題は次章で-・れる」
(他動詞)
物にさわるようにする。付くようにする。 「展示品には手を-・れないでください」
男女が親しくする。 「人妻といへば-・れぬものかも/万葉集 517
広く知らせる。 「 - ・れて回る」 「侍どもに、その用意せよと-・るべし/平家 2」 〔「触れる」はやや文章語的。「触さわる」の場合、接触の一方は人に限られるが、「触れる」は「電線がトタン屋根にふれてショートする」のように物どうしの場合にも言える。動作者の意志的動作の場合、「触さわる」は、その動作が余計である、というニュアンスがある。無意志的な場合「何か冷たいものが首筋にふれた」のように「触れる」を用いるのが普通〕
[慣用] 忌諱ききに- ・逆鱗げきりんに- / 折にふれ
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

触れるの関連キーワード抉れる縊れる削れる群れる揺れる縒れるたく・れる腫れる霙れる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

触れるの関連情報