コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

触れる フレル

デジタル大辞泉の解説

ふ・れる【触れる】

[動ラ下一][文]ふ・る[ラ下二]

㋐ある物が他の物に、瞬間的に、または軽くくっつく。ちょっとさわる。「肩に―・れる」「機雷に―・れる」「外の空気に―・れる」
㋑脈が反応する。脈拍を指先に感じる。「脈が―・れなくなる」
㋒(「耳(目)にふれる」の形で)ちょっと耳にしたり見たりする。「人の目に―・れる」「耳に―・れるうわさの数々」
㋓あることを話題にする。言及する。「食料問題に―・れる」「核心に―・れる」
㋔ある時期や物事に出あう。「折に―・れて訪れる」「事に―・れてからかわれる」
㋕規則・法律などに反する。抵触する。「学則に―・れる」「法に―・れる」
㋖怒りなどの感情を身に受ける。「勘気に―・れる」「怒りに―・れる」
㋗感動・感銘を受ける。「心の琴線に―・れる」「心に―・れる話」

㋐物に軽くくっつくようにする。「髪の毛に手を―・れる」「花に手を―・れる」
㋑広く人々に知らせる。「隣近所に―・れて回る」
食べ物にちょっと手を付ける。
「朝餉(あさがれひ)のけしきばかり―・れさせ給ひて」〈桐壺
触(さわ)る[用法]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふれる【触れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 ふ・る
(自動詞)
物と物とが軽く接する。接触する。液体や気体についてもいう。 「電線が木の枝に-・れる」 「空気に-・れると酸化する」 「偶然手が-・れる」
機会・物事に出合う。また、直接体験する。 「西欧の文物にじかに-・れる」
目・耳などで知覚される。 「目に-・れる」 「耳目に-・れる」
法・掟などに反する行為をする。抵触する。 「法に-・れる」 「勘気に-・れる」
言及する。問題として取り上げる。 「その問題は次章で-・れる」
(他動詞)
物にさわるようにする。付くようにする。 「展示品には手を-・れないでください」
男女が親しくする。 「人妻といへば-・れぬものかも/万葉集 517
広く知らせる。 「 - ・れて回る」 「侍どもに、その用意せよと-・るべし/平家 2」 〔「触れる」はやや文章語的。「触さわる」の場合、接触の一方は人に限られるが、「触れる」は「電線がトタン屋根にふれてショートする」のように物どうしの場合にも言える。動作者の意志的動作の場合、「触さわる」は、その動作が余計である、というニュアンスがある。無意志的な場合「何か冷たいものが首筋にふれた」のように「触れる」を用いるのが普通〕
[慣用] 忌諱ききに- ・ 逆鱗げきりんに-折にふれ
[句項目] 触れなば落ちん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

触れるの関連キーワードコミュニケーションプリンターauto clutchメチルニトロソウレアone touchtouch netエキスパンド広告ブラックユーモアタッチスクリーンオーバータイム丹後魚っ知館ハンズオン観念的競合タンジブルペンタッチ口を付ける耳に触れる箸をつける白リン弾タッチ板王の病気

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

触れるの関連情報