触れる(読み)フレル

デジタル大辞泉「触れる」の解説

ふ・れる【触れる】

[動ラ下一][文]ふ・る[ラ下二]

㋐ある物が他の物に、瞬間的に、または軽くくっつく。ちょっとさわる。「肩に―・れる」「機雷に―・れる」「外の空気に―・れる」
㋑脈が反応する。脈拍を指先に感じる。「脈が―・れなくなる」
㋒(「耳(目)にふれる」の形で)ちょっと耳にしたり見たりする。「人の目に―・れる」「耳に―・れるうわさの数々」
㋓あることを話題にする。言及する。「食料問題に―・れる」「核心に―・れる」
㋔ある時期や物事に出あう。「折に―・れて訪れる」「事に―・れてからかわれる」
㋕規則・法律などに反する。抵触する。「学則に―・れる」「法に―・れる」
㋖怒りなどの感情を身に受ける。「勘気に―・れる」「怒りに―・れる」
㋗感動・感銘を受ける。「心の琴線に―・れる」「心に―・れる話」

㋐物に軽くくっつくようにする。「髪の毛に手を―・れる」「花に手を―・れる」
㋑広く人々に知らせる。「隣近所に―・れて回る」
食べ物にちょっと手を付ける。
朝餉あさがれひのけしきばかり―・れさせ給ひて」〈・桐壺〉
さわ[用法]
[類語](1㋐)さわ接する着くくっつくひっつくへばりつくこびりつく付ける吸い付く焼き付く焦げ付く吸着当たるかす触れ合う接触する触接するタッチする/(1㋓)伝える言及する論及する述べる論述叙述記述口述陳述詳述前述後述上述先述略述縷述るじゅつ屡述るじゅつ既述叙説述懐詳説詳論開陳/(2㋑)知らせる告げる伝える宣する知らす言い送る申し送る申し伝える申し越す申し渡す言い渡す達する伝達する通知する連絡する通告する通達する下達する令達する口達する通ずるコミュニケートする取り次ぐ伝言する話す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android