コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関口氏心 セキグチウジムネ

2件 の用語解説(関口氏心の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せきぐち‐うじむね〔‐うぢむね〕【関口氏心】

[1598~1670]江戸初期の柔術家。関口流の祖。号、柔心。紀州藩に仕えた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関口氏心 せきぐち-うじむね

1597/98-1670 江戸時代前期の柔術家。
慶長2/3年生まれ。関口流の祖。刀槍術を修業し,長崎で陳元贇(ちん-げんぴん)のつたえた拳法,捕縛(ほばく)の術をまなび,柔(やわら)の一流をひらいた。のち紀伊(きい)和歌山藩主徳川頼宣(よりのぶ)につかえた。寛文10年3月7日死去。73/74歳。三河(愛知県)出身。通称は弥六右衛門。号は柔心(じゅうしん)。著作に「柔新心流之序」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関口氏心の関連キーワードマルケス太閤検地北条氏長RGBRGB関口流住吉派関口流フェリペフェリペ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone