コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関口氏心 セキグチウジムネ

2件 の用語解説(関口氏心の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せきぐち‐うじむね〔‐うぢむね〕【関口氏心】

[1598~1670]江戸初期の柔術家。関口流の祖。号、柔心。紀州藩に仕えた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関口氏心 せきぐち-うじむね

1597/98-1670 江戸時代前期の柔術家。
慶長2/3年生まれ。関口流の祖。刀槍術を修業し,長崎で陳元贇(ちん-げんぴん)のつたえた拳法,捕縛(ほばく)の術をまなび,柔(やわら)の一流をひらいた。のち紀伊(きい)和歌山藩主徳川頼宣(よりのぶ)につかえた。寛文10年3月7日死去。73/74歳。三河(愛知県)出身。通称は弥六右衛門。号は柔心(じゅうしん)。著作に「柔新心流之序」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

関口氏心の関連キーワード一和包綱杉山貞治千宗巴建部政明道意(3)船越宗舟北藤浮生前田利慶湯浅瑠璃

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone