コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陳元贇 ちん げんぴん

美術人名辞典の解説

陳元贇

江戸時代初期、明末の帰化人。浙江省虎林(武林とも)生。名は珦、字は義都・士昇(士升)、別号に既白山人・升庵・芝山・菊秀軒等。元和5年鳳翔に従って来日。長門国の萩や江戸に滞在したのち、尾張藩主徳川義直に六十石で客事。書・医薬・菓子に知識をもち、中国の製陶法を伝えて元贇焼を残し、また拳法起倒流を興した。詩を能くし、僧元政との応酬は『元々唱和集』に収める。林羅山・石川丈山らとの交わりも深い。門人に穂積璉。著に『老子経通考』等。寛文11年(1671)歿、85才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

陳元贇 ちん-げんぴん

1587-1671 明(みん)(中国)の陶工,柔術家。
万暦15年生まれ。元和(げんな)5年(1619)渡来し,長崎,京都,江戸などに滞在した。寛永の末に名古屋藩主徳川義直にまねかれ,中国文化を紹介するとともに,安南風の元贇焼を製作した。また中国拳法をつたえた。寛文11年6月9日死去。85歳。字(あざな)は義都。別号に既白山人,菊秀軒,芝山,升庵など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

陳元贇

没年:寛文11.6.9(1671.7.15)
生年:万暦15(1587)
中国・明から帰化した江戸前期の文人。字は義都,既白山人,升庵,芝山,菊秀軒と号した。生年については異説もある。明の兵乱を避けて来日か。長門(山口県)の萩,江戸に住したのち,尾張(名古屋)藩主徳川義直に招かれ60石の禄を与えられて城下に住し,九十軒町で没した。書・文学・医学・薬学など豊かな知識を持ち,特に陶芸では尾張藩の窯,御深井焼の絵付けを指導し,のちに元贇焼といわれた安南(ベトナム)風の染付を残した。承応1(1652)年竣工の定光寺義直廟の設計も指導した。

(矢部良明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちんげんぴん【陳元贇】

1587~1671) 中国、明からの渡来人。号は既白きはく山人。1621年来日。江戸で中国拳法けんぽうを教えたという。また、元贇焼きといわれる陶器も製した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陳元贇
ちんげんぴん

[生]天正15 (1587). 明,虎林
[没]寛文11 (1671).6.9. 尾張
江戸時代初期の陶工,詩人。からの帰化人。字は義都。号は既白山人,升庵,芝山。尾張藩に仕え製陶に従事した。下地に呉須で文様を描き,透明な釉薬(ゆうやく)を用いる製法を日本に伝え,これは元贇焼と称された。また少林拳(少林武術)を伝えたとされ,これを柔術の起源とする説もある。詩僧元政らと親交を結んだ。著書に『升庵詩話』がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陳元贇
ちんげんぴん
(1587―1671)

近世初期、明(みん)の帰化人で中国拳法(けんぽう)家。浙江(せっこう)道虎林(こりん)の出身で、字(あざな)は義都、既白山人・菊秀軒・芝山と号した。鎖国前の1619年(元和5)明朝末の動乱を嫌い、長崎居留の明人を頼って来日、21年浙江道奉檄使(ほうげきし)単鳳翔に従って上洛(じょうらく)、京都所司代板倉伊賀守に面会し、石川丈山(いしかわじょうざん)らと親交を結んだという。詩書をはじめ製陶や拳法など多芸多才の人で、寛永(かんえい)2年(39歳)のころ江戸へ出て、良移心当流和(りょういしんとうりゅうやわら)を創始した福野七郎右衛門らの柔術家と接触して、彼らに少林寺系の中国拳法を伝授したと伝える。その後、江戸、京都、防長などの各地を流泊したが、晩年は尾張(おわり)侯徳川義直(よしなお)に招かれて詩書を講ずるかたわら、瀬戸産の土を用いて陶作に妙技をふるった。その製法は、酸化コバルト系の呉須(ごす)という顔料を使って素地に書画を描き、これに白青色の透明な釉薬(うわぐすり)を施して焼き上げるもので、元贇焼とよばれて珍重されている。寛文(かんぶん)11年名古屋に没した。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の陳元贇の言及

【拳法】より

…呼吸法の研究による気の技法と拳法の動作が結びついて,〈八段錦〉〈十八路羅漢功〉などの技法が数多く考案され,現代まで伝えられている。この中国拳法を日本に伝えたのは,元和~正保年間(17世紀前期)日本に渡来した明(みん)の人陳元贇(ちんげんぴん)であるといわれる。彼は日本の武芸者である福野七郎右衛門,磯貝次郎左衛門,三浦与次右衛門に拳法を教え,この門弟たちが,日本の柔術をつくり発展させたとされている。…

※「陳元贇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報