神田川(読み)かんだがわ

  • かんだがわ ‥がは
  • かんだがわ〔がは〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京都三鷹市の井の頭池を水源として東流,中野区南部で善福寺川,新宿区北部で妙正寺を合流,都心区部を流れて両国橋上手で隅田川に注ぐ川。従来,上流部を神田上水中流部を江戸川下流部を神田川と呼んでいたが,1965年の河川法改正により全体を神田川と総称するようになった。 (→神田上水 , 玉川上水 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

東京都新宿区飯田橋付近から両国橋付近で隅田川に注ぐまでの小河川。広義には上流神田上水,善福寺川,妙正寺川,江戸川も含む。古くは東京湾に注いでいたが,1660年幕府は仙台藩に命じて駿河台を開削して現在の流路に変え通船に利用。江戸城外濠(そとぼり)の役も兼ねた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

東京都の中央部を東西に流れて隅田川に合流する川。全長25.3km。上流部は武蔵野台地に掘り込まれた数条の狭い浸食谷を流れる。そのうち神田川本流は井の頭池を,善福寺川は善福寺池源流としているが,それらの水は武蔵野台地のれき)層からの滲出(しんしゆつ)水である。他の支流,妙正寺川,江古田川にも同じく谷頭ならびに崖端からの滲出水があり,その水は古来谷地田の灌漑用水源であった。なお妙正寺川の下流から神田川本流沿いに染色工場が集中しているが,それは崖下から同種の水が得られ,また工場廃水を川へ流せる利点があるからである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

東京都の中心部をほぼ東西に流れ隅田川に注ぐ川。かつては上流部を神田上水、中流部を江戸川といった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京都区部を東西に流れる川。隅田川(すみだがわ)の一支流。延長25.48キロメートル。一般には、江戸川(旧神田上水の下流部)と外堀の合流点(飯田橋(いいだばし)付近)から、両国橋近くの隅田川合流点までをいうが、1965年(昭和40)の河川法の改正で、旧神田上水を含めてすべて神田川とよばれるようになった。支流に善福寺川(ぜんぷくじがわ)、妙正寺川(みょうしょうじがわ)がある。1616年(元和2)外堀の役割を兼ねて人工的に開削し、1660年(万治3)完成した。御茶ノ水付近は神田山とよぶ台地で、ここを切り開いたこと、または神田を流れることが川の名のおこりという。開削には仙台藩伊達(だて)氏があたったので仙台堀ともよばれた。明治のころまでは多くの河岸(かし)があって舟運に利用された。文京区と千代田区の境をなす部分は風致地区となっている。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

東京都の中央部を東西に流れる川。井の頭池を水源とする隅田川の支流。かつては上流部を神田上水、中流部を江戸川と呼び、神田川は新宿区舟河原橋から両国橋の間の約六キロメートルをさした。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神田川の関連情報