コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関口鯉吉 セキグチリキチ

4件 の用語解説(関口鯉吉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せきぐち‐りきち【関口鯉吉】

[1886~1951]天文・気象学者。東京の生まれ。気象学に天文学的測定法を導入、富士山頂気象観測を開始した。東大教授・中央気象台長・東京天文台長を歴任。著「太陽」「天体物理学」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関口鯉吉 せきぐち-りきち

1886-1951 大正-昭和時代の天文学者,気象学者。
明治19年1月29日生まれ。関口隆吉の4男。中央気象台技師などをへて昭和11年東京帝大教授兼東京天文台長。のち帝国女子理専(東邦大の前身)校長。また文部省専門学務局長をつとめ科学行政にもかかわった。昭和26年8月10日死去。65歳。静岡県出身。東京帝大卒。著作に「太陽」「天体物理学」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

せきぐちりきち【関口鯉吉】

1886~1951) 天文学者・気象学者。静岡県生まれ。東大教授。東京天文台長を歴任。気象の研究に天文学的測定を導入し、潮汐、太陽光の透過率などを研究。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関口鯉吉
せきぐちりきち
(1886―1951)

天文学者。東京生まれ。1910年(明治43)東京帝国大学理科大学星学科卒業。1914年(大正3)朝鮮総督府仁川(じんせん)観測所技師、1919年中央気象台技師となり海洋気象台、中央気象台に勤務。1936年(昭和11)東京帝国大学天文学科教授兼東京天文台長に就任、1939~1941年文部省専門学務局長も兼任、1941~1946年は天文台長を専任した。1930年「太陽面現象の気象学的考察」の学位論文をまとめたのをはじめ、天文学を基調に、気象学、海洋学、大気光学など広範な調査研究に尽力した。また専門学務局長時代は科学研究費を設定し、1928年には学術研究会議会員、1938年には科学振興調査会委員となって科学行政に活躍した。[島村福太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関口鯉吉の関連キーワード神田茂上田穣及川奥郎末元善三郎辻隆中村要古畑正秋松隈健彦宮地政司山本一清

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone