コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関口鯉吉 セキグチリキチ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関口鯉吉 せきぐち-りきち

1886-1951 大正-昭和時代の天文学者,気象学者。
明治19年1月29日生まれ。関口隆吉の4男。中央気象台技師などをへて昭和11年東京帝大教授兼東京天文台長。のち帝国女子理専(東邦大の前身)校長。また文部省専門学務局長をつとめ科学行政にもかかわった。昭和26年8月10日死去。65歳。静岡県出身。東京帝大卒。著作に「太陽」「天体物理学」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せきぐちりきち【関口鯉吉】

1886~1951) 天文学者・気象学者。静岡県生まれ。東大教授。東京天文台長を歴任。気象の研究に天文学的測定を導入し、潮汐、太陽光の透過率などを研究。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関口鯉吉
せきぐちりきち
(1886―1951)

天文学者。東京生まれ。1910年(明治43)東京帝国大学理科大学星学科卒業。1914年(大正3)朝鮮総督府仁川(じんせん)観測所技師、1919年中央気象台技師となり海洋気象台、中央気象台に勤務。1936年(昭和11)東京帝国大学天文学科教授兼東京天文台長に就任、1939~1941年文部省専門学務局長も兼任、1941~1946年は天文台長を専任した。1930年「太陽面現象の気象学的考察」の学位論文をまとめたのをはじめ、天文学を基調に、気象学、海洋学、大気光学など広範な調査研究に尽力した。また専門学務局長時代は科学研究費を設定し、1928年には学術研究会議会員、1938年には科学振興調査会委員となって科学行政に活躍した。[島村福太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

関口鯉吉の関連キーワード昭和時代天文学者透過率太陽光関口研究潮汐

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android