関金温泉(読み)せきがねおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関金温泉
せきがねおんせん

鳥取県中部,倉吉市中南部にある温泉。白金湯ともいう。小鴨川上流域に位置。放射能泉硫黄泉で,泉温は 40~60℃。養老年間 (717~724) の発見と伝えられる山間の温泉で,神経痛リウマチ皮膚病特効があるとされる。国民保養温泉地に指定。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関金温泉
せきがねおんせん

鳥取県中部の倉吉(くらよし)市にある温泉。大山(だいせん)や蒜山(ひるぜん)を望むひなびた環境にあり、国民保養温泉地に指定されている。養老(ようろう)年間(717~724)の発見と伝えられ、古名は白金湯(しろがねのゆ)という。泉質は放射能泉。JR山陰本線倉吉駅からバスの便がある。[岩永 實]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android