コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関金 せきがね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関金
せきがね

鳥取県中部,倉吉市南西部の旧町域。大山東麓にある。 1953年矢送村,南谷村,山守村の3村が合体して町制。 2005年倉吉市に編入。天神川支流の小鴨川上流域を占め,古墳,条里制遺構が残る。中心集落の関金宿は江戸時代美作街道 (みまさかかいどう) の宿場町として繁栄。関金温泉は放射能泉として知られる。米作のほか木材,ワサビ,ナシを産する。一部は大山隠岐国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関金
せきがね

鳥取県中部、東伯(とうはく)郡にあった旧町名(関金町(ちょう))。現在は倉吉(くらよし)市の一地区。旧関金町は1953年(昭和28)矢送(やおくり)、南谷(なんごく)、山守(やまもり)の3村が合併して成立。2005年(平成17)3月倉吉市に編入。中心の関金宿は、犬挟(いぬばさり)峠を津山(つやま)へ抜ける美作(みまさか)往来に沿い、湯のわく宿場として栄え、湯の関ともいった。大鳥居(おおとりい)地区はかつては大山参詣(さんけい)路の登り口であった。江戸時代はたたらと木地(きじ)の産地、現在は農林業と温泉の町でワサビ、シイタケなどを特産する。関金宿の地蔵院は木造地蔵菩薩半跏(ぼさつはんか)像(国の重要文化財)や青銅製の擬宝珠(ぎぼし)などを収蔵する。関金温泉があり、「さいとりさし」は囃子(はやし)踊の一種で県の無形民俗文化財。[岩永 實]
『『関金町誌』全4巻(1980~1983・関金町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関金の関連キーワードハート(Sir Robert Hart)鳥取県倉吉市関金町関金宿鳥取県倉吉市上井国民保養温泉鳥取県倉吉市倉吉(市)関金[町]関金〈町〉薬湯めぐり貿易統計鏡ヶ成海関平成上井

関金の関連情報