コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

闌更 ランコウ

世界大百科事典 第2版の解説

らんこう【闌更】

1726‐98(享保11‐寛政10)
江戸中期の俳人。姓は高桑,名は正保または忠保。初号は蘭皐(らんこう)。別号に李桃亭,二夜庵,南無庵,半化房芭蕉堂など。金沢の商家に生まれたが,家業を捨てて俳諧に専念した。俳諧は希因に学んだが,当時流行していた美濃派伊勢派の俳諧にあきたらず,蕉風に復帰しようとした。ただし,美濃派,伊勢派などを全面的に否定するような立場はとらず,それらの祖の支考・乙由には敬意を持ち続けた。晩年には京都に住み,東山下の高台寺のほとりに芭蕉堂を営んだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

闌更
らんこう

高桑闌更」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

闌更
らんこう
(1726―1798)

江戸中期の俳人。高桑(たかくわ)氏。本名忠保または正保。初号蘭皐(らんこう)。別号二夜庵(にやあん)、半化房、芭蕉(ばしょう)堂など。加賀金沢(石川県金沢市)の商家に生まれたが、俳諧(はいかい)を希因に学び、そのため家職を捨てた。初め金沢に住んだが、晩年は京都に移住、東山高台寺の近くに芭蕉堂を営む。芭蕉の高雅を敬慕し、世人の関心を元禄(げんろく)俳壇に向けさせ、芭蕉関係の俳書を翻刻、注釈するなど功績をあげた。また、二条家から俳諧中興花(はな)の本(もと)宗匠を許された。俳風は温和高雅。門下から梅室(ばいしつ)、蒼(そうきゅう)、何丸(なにまる)らが輩出した。『有(あり)の儘(まま)』(1769)、『落葉考』(1771)など、編著も多い。寛政(かんせい)10年5月3日没。[松尾勝郎]
 枯蘆(かれあし)の日に日に折れて流れけり
『大河寥々著『高桑闌更』(『俳句講座3 俳人評伝 下』所収・1959・明治書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

闌更の関連キーワード川狩り・川狩五味可都里小沢何丸和田希因森岡玞卜早川漫々三浦樗良三宅嘯山中興俳諧松岡青蘿安田石牙飯田篤老三井嘉菊谷川護物成田蒼虬桜井梅室三冊子小牡鹿天明調富土卵

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android