コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防砂堤 ボウサテイ

デジタル大辞泉の解説

ぼうさ‐てい〔バウサ‐〕【防砂堤】

漂砂による河口閉塞港内埋没を防ぐため、海岸などから突出させて築く構造物。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうさてい【防砂堤】

土砂の流出や崩壊を防ぐために築いた堤。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

防砂堤
ぼうさてい
jettygroin

機能上から分類すれば二つに大別される。その一つは漂砂による河口閉塞(へいそく)を防ぐため、あるいは砂の移動によって港内や航路の埋没を防ぐため、防波堤に準じた構造で漂砂が移動しうる限界水深よりやや沖合いまで、通常の場合、水深が10メートル前後から20メートル近くまで海岸から長大な突堤を築造する場合に、これを防砂堤もしくは突堤とよんでいる。この場合には、底質の移動を大部分遮断することができる。
 もう一つは侵食対策に用いられる突堤群をさす場合で、構造は石材や消波ブロックを用いた透過式のものと、コンクリートブロックなどを層積みにした不透過式のものとがある。突堤群は多くの場合、汀線(ていせん)から直角に沖合いへ出し、長さも砕波帯幅の40~60%、間隔は突堤長の1~2.5倍程度である。一般的な傾向として、汀線に対して斜め入射波の場合には、突堤群は効果的な侵食対策となるが、直角に入射する波に対しては効果が少ないといわれる。[堀口孝男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

防砂堤の関連キーワード導流堤汀線流出崩壊突堤土砂

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android