コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿夫利神社 あふりじんじゃ

デジタル大辞泉プラスの解説

阿夫利(あふり)神社

神奈川県伊勢原市の大山山頂にある神社。主祭神は大山祇命(おおやまつみのみこと)、ほかにタカオカミノカミ、大雷神(おおいかずちのかみ)を祀る。大山は古くからの雨乞い信仰で知られ、近世以来の“大山詣で”は古典落語浮世絵にも登場する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

あふりじんじゃ【阿夫利神社】

神奈川県伊勢原市大山にある神社。祭神は大山祇命おおやまつみのみこと。雨ごいの神として知られ、また修験道の霊地とされ、江戸中期以降大山詣でで有名。おおやまあふりじんじゃ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿夫利神社
あふりじんじゃ

神奈川県伊勢原(いせはら)市大山の山頂に鎮座。本社には大山祇命(おおやまずみのみこと)を祀(まつ)る。祭神や鎮座する山の形などから山岳信仰から発生した神社と考えられ、古来、修験(しゅげん)の聖地として知られる。また、石尊大権現(せきそんだいごんげん)ともいわれ、大山寺(たいさんじ)を別当寺としたが、明治の神仏分離で独立した。中世以降武家の尊信を集め、民間にも根強い信仰をもつ。式内社。旧県社。秋季大祭(8月27~29日)に行われる神輿(みこし)渡御は著名。倭舞(やまとまい)、巫子舞(みこまい)は県の無形民俗文化財。[亀井正道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の阿夫利神社の言及

【大山】より

…ほとんど全山が丹沢大山国定公園に含まれる。山頂に石尊様と通称される式内社阿夫利(あふり)神社の奥宮,中腹に下社がまつられ,山麓の大山川沿いに講中登拝の宿坊街にはじまる門前町が発達する。古来信仰登山で知られ,箱根,高尾,御岳(みたけ)(武州御岳),三峰(みつみね)の諸山とともに関東西部修験道の中心地であった。…

※「阿夫利神社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

阿夫利神社の関連キーワード神奈川県伊勢原市大山大山(神奈川県)神奈川県伊勢原市丹沢大山国定公園伊勢原(市)目黒 和三郎安居院庄七神崎 一作大山街道野本基員権田直助修験道山帰り大山寺御師霊地

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阿夫利神社の関連情報