コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大山阿夫利神社 おおやまあふりじんじゃ

百科事典マイペディアの解説

大山阿夫利神社【おおやまあふりじんじゃ】

神奈川県伊勢原市大山に鎮座する。旧県社。大山祇(おおやまづみ)命をまつる。相模の名山大山の崇拝に起こる。大山石尊(せきそん)権現ともいわれ,石尊参り,大山参りは,江戸時代にはことに盛行した。
→関連項目大山街道小山田荘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

大山阿夫利(あふり)神社

神奈川県伊勢原市にある神社。第10代天皇崇神天皇の御代の創祀とされる。祭神は大山祗大神(おおやまつみのおおかみ)、タカオカミノカミ、大雷神(おおいかずちのかみ)。大山に位置し、古くから雨乞い信仰で知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大山阿夫利神社
おおやまあふりじんじゃ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大山阿夫利神社の関連キーワード神奈川県伊勢原市安居院庄七神崎 一作権田直助

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大山阿夫利神社の関連情報