コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸軍造兵廠 リクグンゾウヘイショウ

2件 の用語解説(陸軍造兵廠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りくぐん‐ぞうへいしょう〔‐ザウヘイシヤウ〕【陸軍造兵×廠】

陸軍の兵器・弾薬・器材などの考案・設計・製造・修理などをする施設。旧日本陸軍では大正12年(1923)に砲兵工廠を改称して設置。本廠を東京赤羽(のち福岡県小倉)に置き、各地の工廠を管轄した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陸軍造兵廠
りくぐんぞうへいしょう

旧日本陸軍の兵器、軍需品、火薬類等の製造、検査、修理を担当した工場と、これを統括した機関の総称。陸軍造兵廠は総務部、作業部、技術部、会計部、工廠、長官直轄製造所から構成された。このうち工廠には製造所、庶務課、作業課、技術課、会計課が置かれた。工廠には東京工廠(小銃製造所、砲身製造所、精器製造所)、火工廠(板橋火薬製造所、王子火薬製造所、岩鼻火薬製造所、宇治火薬製造所、十条兵器製造所、忠海(ただうみ)兵器製造所)、名古屋工廠(熱田(あつた)兵器製造所、千種(ちくさ)機器製造所、鉄材製造所、器材製造所)があり、長官直轄製造所として小倉(こくら)兵器製造所、平壌兵器製造所があった。なお、陸軍造兵廠の前身は、1879年(明治12)に制定公布された砲兵工廠条例により東京と大阪に設置された砲兵工廠である。1923年(大正12)に両砲兵工廠が合併して陸軍造兵廠となり、相次いだ軍備拡大政策のなかで大きく発展していった。[纐纈 厚]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の陸軍造兵廠の言及

【軍工廠】より

… 第1次世界大戦以降,軍工廠の機構改変と新設がおこなわれた。陸軍は,造兵をつかさどる中央機関として陸軍造兵廠を設置(1923)し,これまでの東京,大阪の各工廠,名古屋工廠(1922設置),火工廠,小倉,平壌(朝鮮)の各兵器製造所を統括した。また関東大震災で大被害をうけた東京工廠を小倉に移し,小倉工廠とした(1933移転完了)。…

※「陸軍造兵廠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

陸軍造兵廠の関連キーワード戦術核兵器通常兵器官兵准士官弾薬陸士陸兵海軍工廠造兵廠兵器廠

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

陸軍造兵廠の関連情報