コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陽葉 ようようsun leaf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陽葉
ようよう
sun leaf

強光下で光合成を行うのに適した構造をもつ葉。陰葉対語柵状組織が厚くて入射した光を十分に利用できる。陰葉に比べてクチクラ層の発達はよく,蒸散を防ぎやすくなっている。同一の植物個体でも,日当りのよい葉は日陰の部分の葉に比べて陽葉的である。典型的な陽樹の葉はすべて多少とも陽葉的であり,典型的な陰葉は生じない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よう‐よう〔ヤウエフ〕【陽葉】

日のよく当たる所について強光下で生長した葉。陰葉に比べて柵状組織が発達して厚く、気孔の数が多く、光合成呼吸が大。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ようよう【陽葉】

日当たりのよい所に生ずる植物の葉。陰葉に比して濃緑で柵状さくじよう組織やクチクラ層が発達して厚くなり、葉面積は一般に小さい。 ↔ 陰葉

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陽葉
ようよう

強い光のもとで生育した葉をいう。柵状(さくじょう)組織の発達がよく、葉が厚い。クチクラ層も発達しており、乾燥に強い。陰葉に比べて光合成や呼吸が大で、補償点も1000~2000ルックスと明るい。同じ植物では、表面の葉や南側の葉が陽葉になりやすい。典型的な陽生植物のカンバ類の葉は陽葉のみからなり、陰葉は存在しない。[吉田精一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

陽葉の関連キーワード加賀梅鉢吉田精一陽生植物及川陽葉補償点葉肉

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陽葉の関連情報