陽生植物(読み)ようせいしょくぶつ

日本大百科全書(ニッポニカ)「陽生植物」の解説

陽生植物
ようせいしょくぶつ

日当りのよい場所によく生育する植物で、弱光下では耐陰性が乏しく、成長が阻害される。大部分の一年生植物、砂漠植物、高山の山頂部に生育する植物などが含まれる。典型的な陽生植物では陽葉のみで、陰葉をほとんど生じない。また、陽生植物は強光のもとでは物質生産速度が高い。一般に日当りのよい場所は風通しもよく、土地も乾燥するため、陽生植物は耐乾性の性質も兼ね備えている。

 陽生植物の代表的な種は、樹木ではアカマツ、シラカンバ、ヤシャブシ、アカメガシワ、クサギ、ウツギなど、草本植物ではススキ、シバ、タンポポ、ナズナ、ニシキソウ、エノコログサなどがあげられる。草原や日の当たる路傍に生える植物、耕作地の作物や雑草などはほとんどが陽生植物である。

[奥田重俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「陽生植物」の解説

陽生植物
ようせいしょくぶつ
sun plant

日照好み,日陰地では育ちにくい植物。日照量の少ない場所でもよく生育する陰生植物の対概念。樹木の場合には陽樹という。一般に陽生植物は,補償点が高く,陰生植物は 100~500lx(→ルクス)であるのに対して,陽生植物では 1000lx以上である。ただし,植物は多少の日照は必ず必要とするため,特に弱光に強い陰樹や陰生植物のほかは,大部分の植物が陽生植物的であるといえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「陽生植物」の解説

ようせい‐しょくぶつ ヤウセイ‥【陽生植物】

〘名〙 耐陰性が弱く、陽光の十分にあたる場所に好んで生育する植物。樹木の場合は特に陽樹ということがある。⇔陰生植物

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android