コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陽生植物 ようせいしょくぶつ sun plant

4件 の用語解説(陽生植物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陽生植物
ようせいしょくぶつ
sun plant

日照を好み,日陰地では育ちにくい植物。樹木の場合には陽樹という。植物は多少の日照は必ず必要とするから,特に弱光に強い陰樹や陰生植物のほかは,大部分の植物が多少とも陽生植物的であるといえる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ようせい‐しょくぶつ〔ヤウセイ‐〕【陽生植物】

耐陰性が弱く、光が十分に当たる場所によく生育する植物。農作物ススキなどが含まれ、樹木は特に陽樹という。陽地植物。⇔陰生植物

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ようせいしょくぶつ【陽生植物】

陽当たりのよい場所を好んで生育する植物の総称。典型的なものは日陰になると光合成量の低下が著しく、生長が阻害される。農作物・雑草などの草本、アカマツ・カンバ類などの陽樹。陽地植物。 ↔ 陰生植物

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陽生植物
ようせいしょくぶつ

日当りのよい場所によく生育する植物で、弱光下では耐陰性が乏しく、成長が阻害される。大部分の一年生植物砂漠植物、高山の山頂部に生育する植物などが含まれる。典型的な陽生植物では陽葉のみで、陰葉をほとんど生じない。また、陽生植物は強光のもとでは物質生産速度が高い。一般に日当りのよい場所は風通しもよく、土地も乾燥するため、陽生植物は耐乾性の性質も兼ね備えている。
 陽生植物の代表的な種は、樹木ではアカマツ、シラカンバ、ヤシャブシ、アカメガシワ、クサギ、ウツギなど、草本植物ではススキ、シバ、タンポポ、ナズナ、ニシキソウ、エノコログサなどがあげられる。草原や日の当たる路傍に生える植物、耕作地の作物や雑草などはほとんどが陽生植物である。[奥田重俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陽生植物の関連キーワード当たり日当たるを幸い図に当たる日当たり・陽当たり・日当り・陽当り胸に当たる当り籤日当り耳に当たる物に当たる当たりめ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone