四隣(読み)シリン

大辞林 第三版の解説

しりん【四隣】

四方のとなり。となり近所。
近隣の国々。 「 -との友好を保つ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐りん【四隣】

〘名〙
四方となり。となり近所。あたり。辺。
※文華秀麗集(818)下・奉和翫春雪〈滋野貞主〉「翫春雪、雪影翩翻四隣
※真善美日本人(1891)〈三宅雪嶺〉日本人の任務「或る国家にして四隣の国家と相比肩し」
② 四方の隣りあった国。〔書経‐蔡仲之命〕
③ 天子の四人の補佐役。前疑・後丞・左輔・右弼のこと。
※本朝文粋(1060頃)七・返送貞観政要〈大江匡衡〉「天子有四隣。所謂前疑後承者。蔵人頭也」 〔書経‐益稷〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android