四隣(読み)しりん

精選版 日本国語大辞典「四隣」の解説

し‐りん【四隣】

〘名〙
方のとなり。となり近所。あたり。四辺。
※文華秀麗集(818)下・奉和翫春雪〈滋野貞主〉「翫春雪、雪影翩翻
※真善美日本人(1891)〈三宅雪嶺〉日本人の任務「或る国家にして四隣の国家と相比肩し」
② 四方の隣りあった国。〔書経‐蔡仲之命〕
天子の四人の補佐役。前疑・後丞・左輔・右弼のこと。
※本朝文粋(1060頃)七・返送貞観政要〈大江匡衡〉「天子有四隣。所謂前疑後承者。蔵人頭也」 〔書経‐益稷〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「四隣」の解説

し‐りん【四隣】

前後左右の家や人。
「牛肉注文の声が―の寂寞を破る」〈漱石吾輩は猫である
隣り合った周囲の国々。
[類語](1近所町内隣組向こう三軒両隣りょうどなり隣近所わき片脇傍ら片方かたえ横手横合いそば近間最寄り近く付近近辺近傍界隈かいわい近回りそのへん/(2隣国隣邦近国

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「四隣」の解説

【四隣】しりん

周囲の国や家。〔春秋繁露、楚の荘王〕人のに曰く、國家治まるときは則ち四賀し、國家亂るるときは則ち四散ずと。

字通「四」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android