コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雄基 ゆうき Unggi

2件 の用語解説(雄基の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうき【雄基 Unggi】

朝鮮民主主義人民共和国,咸鏡北道北部の郡。豆満江を隔ててロシアと接する国境地帯にある。溺れ谷の雄基湾は水深が深く天然の良港をなす。1921年に開港し,豆満江上流方面そして中国東北部へ連絡する鉄道が開通してから,雄基市は日本~北部朝鮮~中国を結ぶ交通上の要衝として発達した。第2次大戦後は,日本,中国との関係を絶ち,阿吾地の褐炭,豆満江上流の木材が開発され,それらを清津など日本海沿岸の工業地帯へ供給する拠点となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雄基
ゆうき / ウンキ

北朝鮮、咸鏡(かんきょう)北道にある港市。日本海に面し、同国の最北端に位置する。港は豆満江(とまんこう)の河口より西へ24キロメートルの所にあり、造山湾頭の雄基盆地に迫る溺(おぼ)れ谷に発達している。港はおもに漁港に使われている。冬季は結氷するが、航行には支障がない。近海はメンタイ(スケトウダラ)の豊漁場で水揚げが多く、水産加工が行われている。最近は原油を加工する大規模な化学基地が建設された。このほか化学工業、窯業の地方企業体がある。市の西郊の竜水湖畔には雄基貝塚があり、市の東方20キロメートルの日本海沿岸には旧石器時代の遺跡屈浦里(くっぽり)がある。[魚 塘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雄基の関連キーワード咸鏡北道慈江道朝鮮民主主義人民共和国元山金策徳川羅津冠帽峰松岳脱北

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雄基の関連情報