コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集住 シュウジュウ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐じゅう〔シフヂユウ〕【集住】

[名](スル)人々が一定の場所に集まり住むこと。「外国人集住都市」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

集住
しゅうじゅう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の集住の言及

【シュノイキスモス】より

…〈集住〉を意味するギリシア語で,現実の移住があったかどうかにかかわりなく,〈村々に分かれて〉生活していたいくつかの村落共同体が一つの都市国家(ポリス)に結合することをいう。移住が実際に行われず,結合が主として政治的なものにとどまるような場合は,特にシュンポリテイアsympoliteia(ポリスを共通にすること)と呼ばれる。…

※「集住」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

集住の関連キーワード日本創成会議の提言神崎(歴史的地名)排除と抵抗の郊外シュノイキスモスマンティネイア古代的生産様式遊郭(遊廓)デメトリアス部落解放運動ベトナム人北京伝道団兵農分離制マジュリス米子[市]企業城下町バグダード柳井[市]ニアス島織豊政権連雀商人

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集住の関連情報