コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集団主義教育 しゅうだんしゅぎきょういく

2件 の用語解説(集団主義教育の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集団主義教育
しゅうだんしゅぎきょういく

集団構成員としての自覚,連帯感と相互批判,共同的活動を通じて社会的人間的資質を培うことを原理とする教育。 V.レーニンの「万人はひとりのために,ひとりは万人のために」という思想に基づくもので,旧ソ連をはじめ社会主義国での教育組織の基本原則の一つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

集団主義教育
しゅうだんしゅぎきょういく

集団主義的人間の形成を目ざす教育のことをいう。集団主義的人間とは、自己を集団の一部として自覚し、集団に向けての連帯の感情をもち、個人の利益よりも集団の利益を優先する構えをもった人間である。革命後のソビエト連邦では、共産主義社会を建設し支えていく人間として集団主義的人間の形成が重視された。集団主義教育の理論化を図った人はクループスカヤであり、それを実践して一般化したのはマカレンコである。
 わが国では第二次世界大戦後ソビエト教育学が紹介され、マカレンコの集団形成の方法が強い影響を及ぼした。1960年代の初め、学級集団づくりを中心とした研究と実践に集団主義教育の現れをみることができる。それは、民主的な学級集団を形成するために、教師の側から社会的要求を課してこれを生徒の要求に転化していく過程をたどり、班づくり(学級内小集団編成)、核づくり(班長の育成)、討議づくりの三つの面をもっている。ここでは、集団の成員間の思いやりや助け合いという情緒的な結合のなまぬるさを排して、生活規律と団結を確立するための相互要求と相互点検が厳しく行われる。[長谷川榮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の集団主義教育の言及

【マカーレンコ】より

…ソ連邦の教育者,作家。集団主義教育の提唱者として著名である。ウクライナのペロポリ市に生まれる。…

※「集団主義教育」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

集団主義教育の関連キーワード社会連帯主義相互保険総有民族意識社会人仲間意識無自覚暴力団関係者食生態集団構造

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

集団主義教育の関連情報