コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離散数学 りさんすうがく

百科事典マイペディアの解説

離散数学【りさんすうがく】

微分積分学の極限に関係しない数学。すなわち〈連続の数学〉に対して離散的な構造を扱う数学。計算可能性の理論,符号理論,オートマトンの理論,計算量の理論,証明論,組合せ論などの幅広い分野が含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

離散数学
りさんすうがく
discrete mathematics

有限でかつ離散的な,非計量の分野を対象とする数学集合論整数論グラフ理論組合せ論などの分野が含まれる。離散とは連続の対義語であり,たとえばすべての実数集合ではなく,1,2,3…というように整数だけを取り出した集合が離散的であるという。計量とは,量を実数に写像することである。計量化可能な分野における数学のめざましい発展に対し,非計量の分野への数学の応用は進んでいなかったが,近年の情報科学,特に情報処理の技術発展とともにその応用分野は広がった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

離散数学の関連キーワード微分積分学アッペル

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

離散数学の関連情報