コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離水海岸 リスイカイガン

5件 の用語解説(離水海岸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りすい‐かいがん【離水海岸】

海面の下降あるいは地盤の隆起によって生じた海岸。単調な海岸線や海岸段丘がみられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

離水海岸【りすいかいがん】

隆起海岸とも。土地が海面に対し相対的に上昇(離水)して生じた海岸。以前海底であった部分が陸上に現れる。岩石海岸が離水した場合には海食台,堆積台が現れる。また砂質海岸が離水すると海底の砂質の堆積面が現れる。
→関連項目海岸地形

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

りすいかいがん【離水海岸】

海水面の低下あるいは地殻変動によって海底が海面上に露出した結果、生じた海岸。海岸平野や海岸段丘などが見られる。 → 沈水海岸

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

離水海岸
りすいかいがん

隆起海岸」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

離水海岸
りすいかいがん

海面の下降あるいは地盤の隆起によって、それまで海底であった部分(海底堆積(たいせき)面や海食台)が海面上に現れ、離水海岸平野、離水海食台を形成したときの海岸をいう。一般に平滑な海岸線をもつとされている。しかし、離水以前の海底の地形が複雑であるときは、離水海岸はかなり屈曲した地形を示すことがある。この離水海岸には、海岸段丘とよぶ隆起地形が何段も発達したり、広い海岸平野や岩の多い海食台地がみられることが多い。アメリカ東部の海岸平野もこれに属する。[豊島吉則]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

離水海岸の関連キーワード沈降海岸低潮水面下鳥山水影海水石鹸海水面変化東京湾平均海水面氷河性海水面変化バック水面

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone