離水海岸(読み)りすいかいがん

百科事典マイペディアの解説

離水海岸【りすいかいがん】

隆起海岸とも。土地が海面に対し相対的に上昇(離水)して生じた海岸。以前海底であった部分が陸上に現れる。岩石海岸が離水した場合には海食台,堆積台が現れる。また砂質海岸が離水すると海底の砂質の堆積面が現れる。海岸線は出入の少ない平滑,単調な場合が多い。
→関連項目海岸地形

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

りすいかいがん【離水海岸】

海水面の低下あるいは地殻変動によって海底が海面上に露出した結果、生じた海岸。海岸平野や海岸段丘などが見られる。 → 沈水海岸

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

離水海岸
りすいかいがん

海面の下降あるいは地盤の隆起によって、それまで海底であった部分(海底堆積(たいせき)面や海食台)が海面上に現れ、離水海岸平野、離水海食台を形成したときの海岸をいう。一般に平滑な海岸線をもつとされている。しかし、離水以前の海底の地形が複雑であるときは、離水海岸はかなり屈曲した地形を示すことがある。この離水海岸には、海岸段丘とよぶ隆起地形が何段も発達したり、広い海岸平野や岩の多い海食台地がみられることが多い。アメリカ東部の海岸平野もこれに属する。[豊島吉則]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android