コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨宮育作 あめみや いくさく

2件 の用語解説(雨宮育作の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雨宮育作 あめみや-いくさく

1889-1984 大正-昭和時代の水産学者。
明治22年11月5日生まれ。イギリス,ドイツに留学後,昭和4年母校東京帝大教授となる。のち名大教授,日本水産学会会長。カキの性転換やイワシの群の研究で知られ,また河口湖,山中湖ワカサギを移殖した。昭和59年2月14日死去。94歳。山梨県出身。著作に「日本水産学」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雨宮育作
あめみやいくさく
(1889―1984)

水産学者。山梨県日下部(くさかべ)町(現、山梨市)の出身。東京帝国大学農科大学水産学科を卒業、同大学助教授のときイギリス、ドイツに留学し、帰国後の1929年(昭和4)教授に昇任。1950年(昭和25)定年退官後も日本大学教授、名古屋大学農学部長などを務め、多年にわたって後進の育成、水産学の発展に尽くし、大きな功績を残した。研究面ではマガキの性転換、イワシの資源に関する業績がもっとも有名。また、東北大学農学部、名古屋大学農学部その他の創設に寄与した。東京大学名誉教授、日本学士院会員。[日比谷京]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雨宮育作の関連キーワード奥田譲羽原又吉伊谷以知二郎大谷武夫田内森三郎武田志麻之輔田村松太郎橋本芳郎松生義勝松井佳一

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone