コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪まくり ゆきまくり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雪まくり
ゆきまくり

なんらかの原因で斜面上を雪の塊が転げ落ちるときに,海苔巻状になりながら大きくなる現象。平坦なところでも風によって起こることがある。新雪で起こりやすい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆきまくり【雪まくり】

春先に雪が降った翌日,晴れ上がったりすると,山の斜面では,木の枝などから落ちてきた小さな雪の塊が湿った雪面の上をころころ転がりながらロールケーキ状に巻かれた円板ないし円筒状の雪がよくみかけられる。平地でも,表面の新雪層が暖気で湿ったとき突風が吹くと雪面がまくられ,それが雪の上を転がって雪まくりができることがある。雪まくりは湿った雪の粘着力で雪がくっついてできるので,天然の雪だるまともいえる。大きさは直径,幅とも数十cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雪まくり
ゆきまくり

気温が0℃に近いとき、傾斜地では、木の枝などから落ちた雪塊が雪面上を転がり、ロールケーキ状に巻かれた円板や円筒形の雪の塊になることがある。これが雪まくりの現象で、平地では、雪が降り積もったあと、気温が急に0℃付近に上がり、その後強い風が吹いたときに、雪が海苔(のり)巻きのように転がってつくられる。直径と幅は、大きいもので数十センチメートルにもなる。山形県の庄内(しょうない)平野のように強風の吹くことが多い雪国ではよく見られ、形状が米俵に似ていることから、俵雪とか雪俵ともよばれる。[前野紀一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雪まくりの関連情報