雲泥万里(読み)ウンデイバンリ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 雲と泥、天と地のように隔たっていること。大きく違っていることのたとえ。うんどんぼんでん。
※和漢朗詠(1018頃)下「花月一窓交り昔眤じかりき、雲泥万里眼今窮まんぬ〈橘正通〉」
[語誌]中国の古典に、四字熟語の成句として存したかは不詳。日本では、中世、近世を通して広く用いられていたらしく、元祿一二年(一六九九)の「諺草‐宇」に「雲泥万里(ウンデイバンリ)〈略〉雲天万里と云は誤」とあり、他に、「うんてんばんてん」「うんでんばんり」「うってんばってん」など種々の転訛形がみられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android