コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子スピン でんしスピンelectron spin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電子スピン
でんしスピン
electron spin

電子のもっている内部自由度の1つ。原子スペクトルおよび元素の周期律を説明するため,1924年に W.パウリが初めて導入した。量子力学では,電子スピンを表わす演算子は (h/4π)σ ( hプランク定数 ) と表わされる。 σ は三次元回転群の生成演算子であり,次の2行2列の行列で表わされる。
これをパウリのスピン行列という。電子スピンによる磁気モーメントとの関係はg因子で与えられる。電子スピンはディラック方程式により自然に導かれる。 (→スピン )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

電子スピンの関連キーワードフィリップス(William D. Phillips)ジョージ・E. ウーレンベックハイゼンベルクの強磁性の理論電子スピンサイエンス学会S.A. ハウトスミットオーヴァーハウザー効果量子テレポーテーションズール‐中村相互作用ハイゼンベルク模型ラーモアの歳差運動スピントロニクスマイクロ波分光学RKKY相互作用電子常磁性共鳴ウーレンベック電子共磁性共鳴オルバッハ過程ハウトスミット常磁性共鳴吸収電子スピン共鳴

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android