コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子スピン でんしスピンelectron spin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電子スピン
でんしスピン
electron spin

電子のもっている内部自由度の1つ。原子スペクトルおよび元素の周期律を説明するため,1924年に W.パウリが初めて導入した。量子力学では,電子スピンを表わす演算子は (h/4π)σ ( hプランク定数 ) と表わされる。 σ は三次元回転群の生成演算子であり,次の2行2列の行列で表わされる。
これをパウリのスピン行列という。電子スピンによる磁気モーメントとの関係はg因子で与えられる。電子スピンディラック方程式により自然に導かれる。 (→スピン )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電子スピンの関連情報