電子帯スペクトル(読み)でんしたいスペクトル(英語表記)electronic band spectrum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電子帯スペクトル
でんしたいスペクトル
electronic band spectrum

原子,分子,イオンなどの電子状態が変化するとき,これらは適当な波長の光を吸収または放出して吸収スペクトルまたは放出スペクトルを生じる。電子エネルギーは不連続 (量子化エネルギー) なので,これらスペクトルは線スペクトルとして現れるはずであるが,電子間の相互作用,原子核振動などの影響を受けて幅の広いスペクトルとして現れるのが普通である。これを電子帯スペクトルという。不連続な電子エネルギーの間のエネルギーはかなり大きいので,電子帯スペクトルは可視部または紫外部に現れる場合が多い。電子帯吸収スペクトルの測定は分子構造,化学平衡,反応速度などの研究面にきわめて有用な手段である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android