(読み)シン

  • ふるい ふるひ
  • ふるえ ふるへ
  • ふるわ・す ふるはす
  • ふる・う ふるふ
  • ふる・える ふるへる
  • ふ・る
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

易の八卦(はっけ)の一。算木に表す。にかたどり、陽気がようやくき出そうとする(かたち)を示す。季節では春、方位ではに配する。
常用漢字] [音]シン(呉)(漢) [訓]ふるう ふるえる
小刻みに揺れ動く。ふるえる。ふるわす。「震撼(しんかん)震動震天動地地震
地震。「震央震源震災震度激震弱震耐震余震
ふるえおののく。「震駭(しんがい)震恐
はげしい。「震怒
[名のり]おと・なり・なる・のぶ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 易の八卦の一つ。算木でにかたどる。また六十四卦の一つ、。雷を表わし、万物が初めて動き出すさまを示す。方角では卯(う)、すなわち正東に当たる。
※浄瑠璃・関八州繋馬(1724)一「震の卦を下にし、離の卦を上にす」 〔易経‐説卦〕
② 「しんきゅう(震宮)」の略。
※性霊集‐四(835頃)奉賀天長皇帝即位表「乗時出震、双瞳八彩、揖譲相推」
〘自ラ四〙 (「ふる(振)」と同語源)
① ゆれる。大地や波・風などがゆれ動く。ふるう。ゆらめく。震動する。
※書紀(720)允恭五年七月(図書寮本訓)「丙子の朔己丑に、地(なゐ)(フル)
② 振動してその方向を示す。ゆれ動いて一定の方角をさし示す。
※浮世草子・好色二代男(1684)八「才覚なる男懐中せし方角見を取出し、此釼先の振(フル)方へ御趣向と申」
〘名〙 (動詞「ふるう(震)」の連用形の名詞化)
※仮名草子・竹斎(1621‐23)下「起の渡り越えければ、濡れ渡りたる萩原の、ふるひの立や一の宮」
※病院の窓(1908)〈石川啄木〉「顫ひを帯びて怖々(おづおづ)した声で」
② 瘧(おこり)や胃痙攣(いけいれん)などのために発作的に起こる震えや痙攣。
※浮世草子・日本永代蔵(1688)五「首引ぬいても今取といはれしを聞れましてから、亭主は震(フルヒ)つかれまして」
[1] 〘自ハ四〙 (「ふるう(振)」と同語源)
① こきざみにゆれ動く。震動する。
※金光明最勝王経音義(1079)「揺〈布流布〉」
② 鳴りひびく。とどろきわたる。鳴りわたる。鳴動する。
※古事記(712)序「六師は雷のごとく震(ふる)ひて、三軍は電のごとく逝きき」
③ 恐ろしさや寒さなどで身体や声が小きざみにゆれ動く。わななく。おののく。戦慄(せんりつ)する。また、いきどおりのため、身体がぶるぶるとする。
※霊異記(810‐824)上「時に男女余人、皆其の難に遭ひ、身単(フルヒ)心慄り、憑恃む所無し〈興福寺本訓釈 単 不留比〉」
※小学読本(1874)〈榊原・那珂・稲垣〉五「其娘はちぎれたる解き物の単一ツ身に纏ひて凍え戦ひ居たるを見て」
④ 瘧(おこり)の発作が起こる。
※仮名草子・竹斎(1621‐23)下「侍の有けるが、おこりをこそはふるひけれ」
[2] 〘自ハ下二〙 ⇒ふるえる(震)
〘名〙 (動詞「ふるえる(震)」の連用形の名詞化) ふるえること。特に身体や声が寒さや恐怖、または感動などでふるえること。わななくこと。ふるい。
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉五八「後を確(しか)と閉よと云ふ言葉に慄(フル)への気味あり」
〘自ア下一(ハ下一)〙 ふる・ふ 〘自ハ下二〙
① ゆれ動く。震動する。
※めぐりあひ(1888‐89)〈二葉亭四迷訳〉一「落ちた木枝にかき乱されて水の波動(フルヘ)るやうに」
② 恐怖、寒さ、緊張などで身体や声が小きざみに動く。わななく。おののく。
※仮名草子・可笑記(1642)二「いかばかりおそろしく、身ふるへてあやふかりけれども」
③ 痙攣(けいれん)する。瘧(おこり)などの発作が起こる。
※小学読本(1873)〈田中義廉〉一「今は、足も震へるゆゑに、小児の肩にりて」
〘他サ五(四)〙 小刻みに揺り動かす。ふるえるようにする。
※浮世草子・好色一代男(1682)五「身をふるはして前後を忘れ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【易】より

…左の掌中にある筮竹を右手で8本ずつ除去していき,小指の分も入れて残りが8本以内になったらやめる。残りが1本なら☰乾(けん)(天),2本なら☱兌(だ)(沢),3本なら☲離(火),4本なら☳震(雷),5本なら☴巽(そん)(風),6本なら☵坎(かん)(水),7本なら☶艮(ごん)(山),8本なら☷坤(こん)(地)。これで内卦(六爻(こう)の下半分)が得られた。…

※「震」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

震の関連情報