コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シン

デジタル大辞泉の解説

しん【震】

易の八卦(はっけ)の一。算木の形に表す。雷にかたどり、陽気がようやく動き出そうとする象(かたち)を示す。季節では春、方位では東に配する。

しん【震】[漢字項目]

常用漢字] [音]シン(呉)(漢) [訓]ふるう ふるえる
小刻みに揺れ動く。ふるえる。ふるわす。「震撼(しんかん)震動震天動地地震
地震。「震央震源震災震度激震弱震耐震余震
ふるえおののく。「震駭(しんがい)震恐
はげしい。「震怒
[名のり]おと・なり・なる・のぶ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しん【震】

易の八卦はつけの一。算木で、☳の形で示す。雷を表し、東の方向に配する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【易】より

…左の掌中にある筮竹を右手で8本ずつ除去していき,小指の分も入れて残りが8本以内になったらやめる。残りが1本なら☰乾(けん)(天),2本なら☱兌(だ)(沢),3本なら☲離(火),4本なら☳震(雷),5本なら☴巽(そん)(風),6本なら☵坎(かん)(水),7本なら☶艮(ごん)(山),8本なら☷坤(こん)(地)。これで内卦(六爻(こう)の下半分)が得られた。…

※「震」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

震の関連キーワード天知る地知る我知る子知る感震遮断ユニット免震建築物割引明応東海地震免震建築割引ワンチェン氷河性地震明応大地震肥後小富士震慴・震懾耐震構造部屋免震浅発地震浅発月震制振構造免震構造免震ビル六種震動免震建物深発月震

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

震の関連情報