コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石頭希遷 せきとうきせん Shi-tou Xi-qian

3件 の用語解説(石頭希遷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石頭希遷
せきとうきせん
Shi-tou Xi-qian

[生]久視1(700).端州,高要
[没]貞元6(790)
中国,唐の禅僧。六祖慧能と行思 (ぎょうし) に師事し,のち天宝の初め衡山の南寺の石上に庵を結んで坐禅をしたことから石頭和尚と呼ばれ,また江西の馬祖道一と並んで湖南の石頭と称された。勅諡は無際大師。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せきとう‐きせん【石頭希遷】

[700~790]中国、唐代の禅僧。六祖慧能(えのう)青原行思(せいげんぎょうし)に師事。衡山の南寺の石上に庵を結んで座禅をしたところから、石頭和尚とよばれた。馬祖道一とともに禅宗の振興に尽力。諡号(しごう)、無際大師。著「参同契」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石頭希遷
せきとうきせん
(700―790)

中国、唐代の禅僧。中国禅宗青原行思(せいげんぎょうし)の法嗣(弟子)。諡号(しごう)は無際大師(むさいだいし)。俗姓は陳氏。端州(広東(カントン)省)高要の人。初め曹渓宝林(そうけいほうりん)寺(南華寺)で六祖慧能(えのう)に参じ、のち青原行思に師事し嗣法した。天宝(742~756)の初め、南岳(湖南省)の南台寺に入り、門弟の育成に努めた。石上に庵(いおり)を結んで坐禅(ざぜん)したので石頭の名がある。当時、馬祖道一(ばそどういつ)が江西で、希遷が湖南で互いに禅風を挙揚したので二大甘露門(かんろもん)と称され、禅門に江湖(ごうこ)の名を残している。著書に『参同契(さんどうかい)』『草庵(そうあん)歌』各一編がある。貞元6年12月6日寂。[松田文雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の石頭希遷の言及

【青原行思】より

…若くより曹渓の六祖慧能に参じて,その禅をうけ,江西青原山の浄居寺を中心に禅客を教化した。弟子に石頭希遷が出て,南岳懐譲(なんがくえじよう)をうける馬祖道一に対して,その法を湖南に広めたことから,江西湖南の南方禅の源流となる。古くは,同門の神会(じんね)に対し七祖とよばれた。…

※「石頭希遷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石頭希遷の関連キーワード階乗数値積分スターリングの補間公式リーマン幾何学Nエヌ長生久視三角数肇慶Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone