コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石頭希遷 せきとうきせんShi-tou Xi-qian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石頭希遷
せきとうきせん
Shi-tou Xi-qian

[生]久視1(700).端州,高要
[没]貞元6(790)
中国,唐の禅僧。六祖慧能と行思 (ぎょうし) に師事し,のち天宝の初め衡山の南寺の石上に庵を結んで坐禅をしたことから石頭和尚と呼ばれ,また江西の馬祖道一と並んで湖南の石頭と称された。勅諡は無際大師。主著参同契』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石頭希遷
せきとうきせん
(700―790)

中国、唐代の禅僧。中国禅宗青原行思(せいげんぎょうし)の法嗣(弟子)。諡号(しごう)は無際大師(むさいだいし)。俗姓は陳氏。端州(広東(カントン)省)高要の人。初め曹渓宝林(そうけいほうりん)寺(南華寺)で六祖慧能(えのう)に参じ、のち青原行思に師事し嗣法した。天宝(742~756)の初め、南岳(湖南省)の南台寺に入り、門弟の育成に努めた。石上に庵(いおり)を結んで坐禅(ざぜん)したので石頭の名がある。当時、馬祖道一(ばそどういつ)が江西で、希遷が湖南で互いに禅風を挙揚したので二大甘露門(かんろもん)と称され、禅門に江湖(ごうこ)の名を残している。著書に『参同契(さんどうかい)』『草庵(そうあん)歌』各1編がある。貞元6年12月6日寂。[松田文雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の石頭希遷の言及

【青原行思】より

…若くより曹渓の六祖慧能に参じて,その禅をうけ,江西青原山の浄居寺を中心に禅客を教化した。弟子に石頭希遷が出て,南岳懐譲(なんがくえじよう)をうける馬祖道一に対して,その法を湖南に広めたことから,江西湖南の南方禅の源流となる。古くは,同門の神会(じんね)に対し七祖とよばれた。…

※「石頭希遷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

石頭希遷の関連キーワード南岳懐譲曹洞宗寒山寺貞元江西坐禅

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android