青少年赤十字(読み)セイショウネンセキジュウジ

デジタル大辞泉の解説

せいしょうねん‐せきじゅうじ〔セイセウネンセキジフジ〕【青少年赤十字】

赤十字の事業で、青少年を対象とする部門。博愛と奉仕の精神を青少年にもたせるための組織で、日本では大正11年(1922)に始まり、小・中・高等学校内に置かれている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

青少年赤十字【せいしょうねんせきじゅうじ】

Junior Red Crossの訳。略称JRC。奉仕・親善の赤十字精神と心身の健康を培うことを目的としてつくられる幼稚園,小中高内のグループ,またその国際組織。第1次大戦中に米国,カナダ,オーストラリアの生徒の作品を赤十字社を通じて,ヨーロッパの戦災国の少年少女の慰問や救済のために送ったのが始まりで,その後平時活動として定着。
→関連項目少年団

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の青少年赤十字の言及

【赤十字】より


[活動]
 当初,戦時における戦傷病者の救護活動を目的として設立されたが,その後捕虜・非交戦者(文民)の救護活動にも活動範囲をひろげている。また第1次世界大戦後は,平時における傷病者の救護,とくに伝染病の予防や青少年の国際友愛・連帯および平和精神高揚のための青少年赤十字運動にまで手をひろげている。なお,正常な外交関係が存在しない場合における人道的考慮からの活動として,戦時における捕虜や文民抑留者に関する情報交換・通信などの活動をも行う。…

※「青少年赤十字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青少年赤十字の関連情報