コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少年団 しょうねんだん

6件 の用語解説(少年団の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

少年団
しょうねんだん

少年の集団組織。その活動を通して自治性や社会性など社会人として必要な資質の育成を目的としている。ボーイスカウトピオネール青少年赤十字などが有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょうねん‐だん〔セウネン‐〕【少年団】

集団的な諸活動を通して、少年男女の精神・身体を鍛練することを目的とする団体。ボーイスカウトなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

少年団【しょうねんだん】

少年たちに集団生活をさせ,その自治活動ならびに対社会的活動を通じて心身ともに健全な社会的人間を形成する目的のために結成された団体。19世紀末以降,各国の社会体制に応じてさまざまな組織が結成されたが,とりわけ,1908年英国で創設されたボーイ・スカウトをはじめガール・スカウト青少年赤十字ピオネール等は著名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しょうねんだん【少年団】

成人団体が独自の目的に沿った青少年像の育成のために,少年少女を目的意識的に組織し,集団的な諸活動を通して指導するための教育訓練機関。〈子ども会〉と類似性をもつが,少年団の場合は綱領,規約,目的がより明確であり,構成員の集団帰属意識がつよく,活動も組織的・計画的・継続的な広域団体である。団体の目的によって形態は多種多様であるが,歴史的源流は,(1)ボーイ・スカウトの流れをくむもの,(2)ピオネールの流れをくむもの,(3)青少年赤十字の流れをくむもの,に大別できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょうねんだん【少年団】

集団的活動を通じて少年の自主的な精神の形成や身体の訓練を行うことを目的とする団体。ボーイ-スカウトなど。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

少年団
しょうねんだん

集団的な諸活動を通して、少年たちを育成・訓練する団体をいう。20世紀の初め、ボーイスカウト運動の国際的展開に触発され、日本の各地に明治末から大正初期にかけて結成された各種の少年団体の、第二次世界大戦中までの一般的呼称である。つまり、小学校の中・高学年ないし高等小学校中等学校の2、3年生までの年齢層(9~14、15歳)を含む少年たちの学校外教育活動のための団体であった。集団的な訓練や、社会参加・社会奉仕の機会提供などによって、学校教育では十分には実現できない人間教育の側面を担当する活動体として大きな期待をもたれ、社会的にも高く評価されていた。しかし、日中戦争後は、その性格を国家主義的なものへと傾斜させざるをえなくなり、太平洋戦争勃発(ぼっぱつ)の年1941年(昭和16)大日本青少年団への統合によって、機能も役割も変質することになった(少年団のなかには解体させられたものもあった)。
 少年団の多くは、篤志家(ボランティア)たちによって後見もされ指導もされたが、赤十字少年団のように学校単位で組織されたものもあった。とくに、1932年(昭和7)の文部省の「校外生活指導に関する訓令」以後結成された「学校少年団」といわれたものは、教員たちによる校外指導の一形態をなすものであった。一般の少年団では、ごく普通には体育的なレクリエーション活動が主となっていたが、ときには学業の補習や創作活動の推進などが行われた。多くの少年団では、少年たち個々人としての、また団としての特別な奉仕活動が奨励され、たとえば農作業などについての補助的作業や、道路や神社の清掃といったことなどが、目的のなかに入っていた。
 一般に少年団は、学級や学年や、さらには学校間の壁を越えた地域的なまとまりのなかで、異年齢者相互間の共働を導き出すだけでなく、教員とは異なるボランティアとしての年長者たちとの接触・共働を通して、より開かれた世界への開眼や自己編入を健全な方法で助ける、というところに存在意義があったといえる。
 なお、当時「少年団」といえば、ボーイスカウトのように男児だけをさすものがある一方、「少女団」の呼称はなく、学校少年団や赤十字少年団などのように男女児混成のものも少年団の名でよばれた。第二次世界大戦後では、1951年(昭和26)日本海洋少年団、61年には日本スポーツ少年団が発足した。また、戦後「子ども会」の名称をとるものが増えた。最大の組織としては「全国子ども会連合会」に結集している地域子供会がある。[藤原英夫・上杉孝實]
『田中治彦著『学校外教育論』(1988・学陽書房) ▽上平泰博・田中治彦・中島純著『少年団の歴史――戦前のボーイスカウト・学校少年団』(1996・萌文社) ▽田中治彦著『少年団運動の成立と展開――英国ボーイスカウトから学校少年団まで』(1999・九州大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の少年団の言及

【子ども会】より

…健全な娯楽や遊び,レクリエーション,スポーツ,文化活動,学習,創作,社会奉仕などの自主的集団活動をとおして,子どもの地域生活の充実と豊かな成長・発達を保障するために,父母・住民によって育成された異年齢の地域子ども組織。〈少年団〉と類似しているが,組織の対象,目的,内容,形態,育成主体の諸点においてより多様性をもち,地域網羅的性格に特色をもつ。子ども会の原形は,古くは村落共同体の子供組や子供衆などの慣習的な子ども集団の中にみることができる。…

【ボーイ・スカウト】より

…1908年イギリスのベーデン・パウエルR.S.Baden‐Powell(1857‐1941)によって創始された少年団組織とその運動。女子の組織はガール・スカウト。…

※「少年団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

少年団の関連キーワードThe Open Group一次データ大日本青少年団育英沿海青少年青少年赤十字自主編集指導団体中学、高校生の体験入隊

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

少年団の関連情報