コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青梅縞 オウメジマ

大辞林 第三版の解説

おうめじま【青梅縞】

青梅で産した縞織物。古くは木綿と絹の交織であったが、のちには木綿織りとなった。主に夜具地用。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青梅縞
おうめじま

東京都青梅市付近で生産される綿織物。古くは享保(きょうほう)年間(1716~36)に、上田縞をまねて経(たて)糸に絹、緯(よこ)糸に木綿を使用する絹綿交織をつくりだし、縞紬(つむぎ)を生産したが、江戸後期からは経緯ともに綿糸を使用した綿織物とかわり、木入青梅縞とし夜具地、着尺地の生産地として知られた。明治以後には双子(ふたこ)縞、京桟(けいさん)縞などが盛んに生産され青梅綿(わた)(入れ綿)とともに名をはせたが、第二次世界大戦後は寝具の洋風化とともに衰退した。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の青梅縞の言及

【青梅[市]】より

…多摩川が関東山地から武蔵野台地に流れ出る山麓部に発達した典型的な谷口集落で,中世から市が開かれ,江戸から甲州へぬける裏街道の宿場町でもあった。山地の豊かな森林を背景に青梅林業も発達したが,江戸時代以降は南の八王子,北の所沢,川越と並ぶ織物産地として知られ,とくに夜具地の青梅縞や青梅綿は第2次世界大戦後まで有名であった。天正年間(1573‐92)から成木地区で産出され,江戸城修築にも用いられた石灰岩の輸送のため,1894年立川~青梅間に開通した青梅電気鉄道は,のち氷川まで延長,電化され,国鉄(現JR)青梅線となったが,現在は東京駅との間に直通電車が運転されている。…

※「青梅縞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

青梅縞の関連キーワード青梅(市)(おうめ)東京都青梅市青梅[市]八王子織物真岡木綿武蔵国縞織物

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android