コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青銅の基督(キリスト)

大辞林 第三版の解説

せいどうのキリスト【青銅の基督】

小説。長与善郎作。1923年(大正12)発表。寛文年間、踏み絵のキリスト像をみごとにつくりすぎたため、信者と誤られ殺された若い鋳物師萩原裕佐の恋と芸術の苦悩を描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

青銅の基督(キリスト)の関連キーワード長与 善郎渋谷 実神色自若ぞべぞべ信者操り苦悩蕭条厳酷点点不敬

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android