コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非鉄金属鉱業 ひてつきんぞくこうぎょうnonferrous metal industry

2件 の用語解説(非鉄金属鉱業の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非鉄金属鉱業
ひてつきんぞくこうぎょう
nonferrous metal industry

一般的には,非鉄金属を含む鉱石の採掘,選鉱,さらに地金の精錬,2次加工を行う産業をいう。自山鉱と買鉱とを精錬する企業と,鉱石を売るだけで精錬所をもたない企業とがある。工業用基礎原料として重要であるため,非鉄金属に対する需要は旺盛で,アルミニウム,銅など地金精錬では日本は世界的水準にある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひてつきんぞくこうぎょう【非鉄金属鉱業】

非鉄鉱物資源を探査・発見し,これを採掘・取得し,選鉱・製錬する産業。非鉄金属とは広義には鉄以外の金属すべてのことであるが,一般的には銅,鉛,亜鉛,スズ,ニッケルコバルトタングステンなどのことを指し,などは貴金属,アルミニウム,マグネシウムチタン軽金属として区別されることが多い。世界の生産量(含有量)は銅鉱1002万tで,うちチリ249万t,アメリカ185万t,旧ソ連80万tなど,鉛鉱は269万tで,うちオーストラリア45万t,アメリカ41万t,中国40万tなど,亜鉛鉱は700万tで,うちカナダ111万t,中国100万t,オーストラリア90万tなど,スズ鉱は19万4600tで,うち中国5万4000t,インドネシア4万6100t,ペルー2万2300tなどである(1995)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone