コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

革島荘(読み)かわしまのしょう

百科事典マイペディアの解説

革島荘【かわしまのしょう】

山城国葛野(かどの)郡の荘園。現京都市西京区川島付近。川島とも書き摂関家(せっかんけ)領であったが,保元の乱で一部は没収された。14世紀初頭までには南北に分かれ,近衛(このえ)家領を革島南荘といい,9町余の公田からなっていた。また室町期には別に山科(やましな)家領の河島荘があった。近衛家領の下司(げし)革島氏は南荘に住し,室町幕府の御家人となって地頭職を得,領家職(りょうけしき)半分を有したほか各地で田畠を買得,その売買文書や荘園関係文書をはじめとする中世から近代までの《革島文書》が残る。
→関連項目上桂荘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android