コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保元の乱 ホウゲンノラン

デジタル大辞泉の解説

ほうげん‐の‐らん【保元の乱】

保元元年(1156)京都に起こった内乱。皇室では皇位継承に関して不満をもつ崇徳上皇後白河天皇とが、摂関家では藤原頼長忠通とが対立し、崇徳・頼長側は源為義平忠正の軍を招き、後白河・忠通側は源義朝平清盛の軍を招いて交戦したが、崇徳側が敗れ、上皇讃岐(さぬき)に流された。貴族の無力化と武士の実力を示した事件で、武士の政界進出を促した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

保元の乱【ほうげんのらん】

平安末期の内乱。鳥羽法皇と崇徳(すとく)上皇とは皇位継承をめぐって対立していたが,1155年後白河天皇が即位すると上皇の不満は高まった。また摂関家では藤原忠通・頼長の兄弟が関白・氏長者(うじのちょうじゃ)を争っていた。
→関連項目院政革島荘楠葉牧源平争乱皇嘉門院斎藤実盛山槐記信西崇徳天皇台記平忠正千葉常胤殿暦鳥羽天皇美福門院藤原忠実藤原頼長兵範記保元新制保元物語本朝世紀源為朝源為義源頼政没官領

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうげんのらん【保元の乱】

1156年(保元1)に起こった京都の争乱。〈ほげんのらん〉ともいう。皇室・摂関家内の勢力争いに源平2氏の武力が介入して勃発した。白河院政開始(1086)後,朝廷には〈治天の君(ちてんのきみ)〉=院と天皇と二つの権力が競合併存することとなり,それにともなって勢力争いは複雑かつ熾烈化していった。白河院没(1129)後はその子鳥羽上皇が院政をとったが,鳥羽院は1141年(永治1)崇徳(すとく)天皇(鳥羽院の子。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほうげんのらん【保元の乱】

1156年(保元1)京都に勃発した内乱。皇位継承に関する崇徳上皇と後白河天皇との対立に、摂関家の藤原頼長と忠通との家督争いが結びつき、上皇・頼長側は源為義・平忠正、後白河・忠通側は源義朝・平清盛らの武士団を招じ入れて戦い、上皇方が敗北した。上皇は讃岐に流され、頼長は戦傷死した。この乱は、のちの武家政権成立への端緒をなした。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保元の乱
ほうげんのらん

保元・平治の乱」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の保元の乱の言及

【平安時代】より

…一方,貴族社会では,専制的な上皇の執政のもとで,旧来の慣行は無視され,秩序は乱れ,ついには恣意的な皇位継承が皇室や摂関家の内紛をよび起こし,武士を引きこんで抗争するまでに至った。 1156年(保元1)の保元の乱がそれで,騒乱は半日で終わったが,平安京創設以来初めての市中の合戦は,世人に大きな衝撃を与えた。この乱によって,武士の政治的立場は飛躍的に高まり,ことに源氏が為義・義朝父子の相克により大きな損傷を受けたのに対し,平氏は清盛を筆頭にして一族が朝廷に進出し,さらに平治の乱(1159)によって,源氏の勢力を都から一掃し,中央・地方の軍事権を掌握した。…

【保元物語】より

保元の乱(1156)を素材とする和漢混交文の軍記物語。鎌倉時代前期までに成立か。…

【源為朝】より

…その勇力猛威をもって九州中を掠領し,訴えられたが朝廷の召喚にも応じなかったため,1154年(久寿1)父為義が解官(げかん)された。やむなく上洛したところ56年(保元1)7月保元の乱が起こり,為朝は父為義に従って崇徳上皇方として参戦した。軍評定(いくさひようじよう)で夜襲を献策したが藤原頼長に退けられ,逆に義朝の献策をいれた後白河天皇方に夜討をかけられた。…

【源為義】より

…54年(久寿1)子源為朝の九州における乱行により解官(げかん),家督を長子義朝に譲る。56年(保元1)7月保元の乱で崇徳上皇・藤原頼長方にくみし敗れる。後白河天皇方についた長子義朝の助命嘆願も及ばず,7月30日行方不明の為朝を除く子息5人とともに,義朝により斬首された。…

【保元の乱】より

…この乱によって武士の重要性が公家に認識されたうえ,武士自身も自分の力を自覚することとなる。藤原忠通の子の僧慈円が《愚管抄》に〈鳥羽院ウセサセ給ヒテ後,日本国ノ乱逆ト云コトハヲコリテ後,ムサ(武者)ノ世ニナリニケル也〉と記したように,保元の乱を契機に武家政権成立への胎動が始まったということができる。平治の乱【飯田 悠紀子】。…

※「保元の乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

保元の乱の関連キーワード藤原清輔白河北殿首藤家季足利義康保暦間記藤原教長平治の乱大庭景親藤原信頼青墓宿平基盛関俊平白峰山端緒

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保元の乱の関連情報