コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音別 おんべつ

2件 の用語解説(音別の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音別
おんべつ

北海道東部,釧路市南西部で飛び地をなす旧町域。太平洋に臨み,大部分が白糠丘陵に属する。 1959年町制。 2005年釧路市 (1922年市制) ,阿寒町と合体して釧路市となった。地名はアイヌ語のオムペツ (河口のふさがる川の意) に由来。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

音別
おんべつ

北海道東部、釧路(くしろ)支庁(現、釧路総合振興局)管内にあった旧町名(音別町(ちょう))。現在は釧路市の白糠(しらぬか)町を挟んだ西側を占める地域。旧音別町は1959年(昭和34)町制施行。2005年(平成17)、釧路市に合併。旧町名はアイヌ語「オンペツ」(水悪(あ)しき川の意)に基づく。町の大部分を標高730メートル以下の白糠丘陵が占め、JR根室(ねむろ)本線、国道38号が太平洋岸沿いに通じる。入植開始は1893年(明治26)ごろ。1918年(大正7)から石炭鉱業で栄えたが、1970年(昭和45)に閉山。以後私学、工場を誘致し、食品工業、酪農、林業が基幹産業である。[古川史郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

音別の関連キーワード釧路道東北海道釧路市大楽毛北海道釧路市幸町北海道釧路市春湖台北海道釧路市鶴丘北海道釧路市錦町北海道釧路市北斗北海道釧路市南大通北海道釧路市南浜町

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

音別の関連情報