白糠丘陵(読み)しらぬかきゅうりょう

日本大百科全書(ニッポニカ)「白糠丘陵」の解説

白糠丘陵
しらぬかきゅうりょう

北海道南東部の丘陵。釧路(くしろ)総合振興局管内の西部から十勝(とかち)総合振興局管内の東部に広がり、標高200~400メートル。東は釧路平野、鶴居(つるい)丘陵に、北は火山地域に、西は十勝平野に接し、南は太平洋に臨む。第三紀末から第四紀初めにかけ侵食が進み、いったん平坦(へいたん)な地形に変わったのち地盤が上昇し、侵食が復活した。地質は古第三紀層が大部分を占め、東と南の周縁部に新第三紀層が分布する。南東側を阿寒(あかん)、庶路(しょろ)、茶路(ちゃろ)、音別(おんべつ)の諸河川が並行して南東流して太平洋に注ぎ、河谷に平地が帯状に続く。河と一部丘陵の牧草地化による酪農林業が行われた。釧路炭田の一部をなしたが、雄別(ゆうべつ)、庶路、上茶路(かみちゃろ)、尺別(しゃくべつ)などの炭鉱は1970年(昭和45)までにすべて閉山した。

[古川史郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「白糠丘陵」の解説

白糠丘陵
しらぬかきゅうりょう

北海道南東部の標高 200~400mの丘陵。中心部は中生層を含む古第三紀層,周辺低地は新第三紀層から成る。現在も浸食が進行中で,細い樹枝状の谷が発達阿寒川,庶路川,茶路川,音別川がほぼ平行して太平洋に注ぐ。内陸部では森林資源が豊富で林業が,海岸付近と河谷では牧草地造成が進んで酪農が行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「白糠丘陵」の解説

白糠丘陵【しらぬかきゅうりょう】

北海道東部,釧路(くしろ)と十勝両地域にまたがる低い丘陵。北は阿寒火山群に接し,南は太平洋に面する。中生代白亜紀層,古第三紀層などからなる。庶路川,茶路川,音別(おんべつ)川などが南流。
→関連項目白糠[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「白糠丘陵」の解説

しらぬかきゅうりょう【白糠丘陵】

北海道南東部,十勝平野の東にあって十勝・釧路両支庁の境界をなす丘陵。阿寒火山群の南に連なり,ウコタキヌプリ(747m)を主峰とする,おおむね標高200~400mの小起伏が太平洋に達し,阿寒川,茶路川,庶路(しよろ)川などが丘陵に並行して南流する。古くからの馬産地で,第2次世界大戦後は酪農へ転換した。国有林を中心とする森林開発により林業が行われ,南端白糠町には木材加工工場がある。また釧路炭田の西部にあたり,かつては雄別,尺別などの炭鉱があったが,すべて閉山した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android